体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

台湾の「可愛(カワイイ)」とLONDONの「キッチュ」がコラボすると、カバンはこうなる

どこから見ても、ほとんど平面のイラスト。だけど、リュックとして背負え、バッグとして肩から下げられる。あの不思議な2Dバッグに新作が登場しました。カワイイ+キッチュのダブルパンチ。持って歩けば、間違いなく「二度見」されちゃいそう!

イラストにしか見えない
ぺちゃんこ「2Dバッグ」

台湾の「可愛(カワイイ)」とLONDONの「キッチュ」がコラボすると、カバンはこうなる

奇抜なファッションについ目が行ってしまいますが、彼らの手元にご注目。イラスト画のようなこれらのバッグ、どれもちゃ〜んと背負って、肩からかけられる本物のバッグなのです。

Chay SuとRika Lin、ふたりの台湾人女性デザイナーによって2010年に誕生したバッグブランド「Jump From Paper」がそれ。日本でも5年ほど前に紹介され、独特の2D感にこれはナンダ?と話題になったのを覚えていますか?

平面から飛び出たようなぺちゃんこバッグは、NYやロンドンの「Kawaii」を求める女の子たちの間であっという間に火がつき、今年ロンドンのアンダーグラウンドで人気のブランド「ロドニクバンド」と初コラボを果たしました。

台湾語で「かわいい」を意味する“可愛(ゴーツィ)”に“キッチュ”がミックスした、へんてこ2Dバッグの誕生です。
台湾の「可愛(カワイイ)」とLONDONの「キッチュ」がコラボすると、カバンはこうなる
台湾の「可愛(カワイイ)」とLONDONの「キッチュ」がコラボすると、カバンはこうなる

それにしても、持ち手から奥行きまですべてがイラストみたいなこのバッグ、ちゃんとモノが入るのかと不安になりますよね。

でもね、バッグの底にあるジッパーを開くと隠れていたマチが登場して、しっかり収納もできる優れもの。リュックにはノートPCがそのままストン。ショルダータイプもiPadなどタブレットが入るサイズ感なんです。

過去のコレクションも
アニメっぽくてLOVELY!

台湾の「可愛(カワイイ)」とLONDONの「キッチュ」がコラボすると、カバンはこうなる
台湾の「可愛(カワイイ)」とLONDONの「キッチュ」がコラボすると、カバンはこうなる
台湾の「可愛(カワイイ)」とLONDONの「キッチュ」がコラボすると、カバンはこうなる
台湾の「可愛(カワイイ)」とLONDONの「キッチュ」がコラボすると、カバンはこうなる
台湾の「可愛(カワイイ)」とLONDONの「キッチュ」がコラボすると、カバンはこうなる

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。