ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

虹色の時計「The Present」が刻むのは、あなたの365日です

DATE:
  • ガジェット通信を≫

誰にとっても一年は24時間365日、例外なし。なのに短く、あるいは長く感じてしまうのは、心の捉え方の問題なのかもしれません。が、もしも駆け足で過ぎていくように感じる原因が、時計の針や文字盤の数字によるものだったとしたら……。こんな「if」から、ものづくりがスタートしました。

ちなみにこの時計、MoMAデザインストアで販売されているもの。記事を読んで気に入ったら、自室にもいかがでしょう。

時間はたっぷりあるって。
季節を刻む「一年時計」が
スローダウンを教えてくれる

NYを拠点に活動するクリエイター、Scott Thriftさんらがデザインしたこのレインボーカラーの時計は、365日でひと回りする「一年時計」です。

たとえば上の写真、従来のアナログ時計であれば、短針と長針がぴったり重なる3時15分。でも、この虹色のグラデーションで構成された「The Present」が刻む時はこう読みます。「3月21日」、つまりは春分の日あたり。この“あたり”というのが、じつはとっても大切なことだったり。

数字ではなく、
色彩で伝える季節感

この時計が教えてくれるのは、時間ではなく季節。真冬の寒く雪のイメージから、雪解け、早春から若葉萌える初夏へ。夏を過ぎ、木々が色づきそしてまた冬へ。いま、自分が一年のうちどの辺りを過ごしているのか、を漠然と知らせてくれる。その程度。

春分、夏至、秋分、冬至と季節の節目を最も色の濃い位置で表現しているだけで、あとはThe Presentを壁にかけるユーザーそれぞれの感じ方に委ねているんでしょうね。 

針が真上を刺すときは夏至(12月21日)ごろにあたることになります。そう、この時点では1月1日を迎えておらず、ちょうど1時に差し掛かったあたりが、この時計でいう新しい一年の始まりです。

あくまでも刻むのはアバウトな季節感。

「今日多くの人が時間に縛られ、時間がないと思い込んでしまっている。はたして本当にそうでしょうか?要は、時間という概念の捉えようだと思うんです」

1分、1秒が視覚化されてしまうことで、人々はより限定的に「今」を捉え、時間の浪費にばかり目がいってしまう。

「時間がない…!」その不安や焦りから解放されるには、Scottさんの言うようにもっと大きな概念で「今」を捉える必要があるのかもしれない。一年時計のコンセプトは、ここに集約されているのではないでしょうか。

それこそ時間を知るためのガジェットは、スマホでもタブレットでもPCでも、私たちの日常のあちこちにある訳で。わざわざ部屋にひとつ飾る壁掛け時計ならば、このくらいゆるくて、アバウトなものでも十分かもしれませんね。

時間よりも毎日を意識
こっちは一日時計「Today」

The Presentよりもう少し短いスパンで、一日を追う時計も登場。新たにリリースされた「Today」です。

3層に分かれたグラデーションは太陽の位置に連動するように、円の下半分は夜を、上は日中を表す時計です。「なんとなくお腹空いたな…」、Todayに目をやれば針が真上を刺している。秒針も短針も、そして数字も取っ払うことで、一日がもっと大きな概念に変わるんじゃないでしょうか?

現在は品切れのようですが、前述の通り「The Present」は、MoMAデザインストアにて31,320円(税込み)販売中。「Today」の方も、クラウドファウンディングサイトですでに目標額を達成。先行予約は88ドル(約9,500円)のものから。

Licensed material used with permission by The Present

関連記事リンク(外部サイト)

【ロシア】経験者のいない「高齢者モデル事務所」が設立
2Dから3Dに変身する「スツール」。来客用椅子はハンギングが正解でした

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP