ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界一周経験者もいちおし!週末旅行にマニラを全力でおすすめする8つの理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フィリピンといえば多くの方がダイビングやアイランドホッピングなどで有名なセブ島をまず始めに思いつくのではないでしょうか。僕自身そう思っていました。

だがしかしBUT!先日、フィリピンの首都マニラを旅して、マニラにも旅すべきポイントはたくさんあるんだなと気付かされました。

「日本とマニラ間のフライト時間」や「旅費」、「マニラの魅力」などを包括的に考えた時に、日々忙しい学生や社会人の方でも週末にサクッと旅行ができちゃうなーと思ったので、ご紹介いたします。

これまで皆さんが抱いていたマニラのイメージを一気に変え、来週末にでもすぐ旅立ちたくなるかもしれないので要注意です!!

 

マニラのおすすめPOINT① 「ジェットスターありがとう!」 マニラへの直行便を就航し、フライト時間が圧倒的に短くなった!

今年の春に東京・名古屋・大阪の3都市からマニラへの直行便が就航したらしく、そのお陰で、例えば東京〜マニラ間は特に格安で行く場合は、これまで1回の乗り継ぎで7時間半かかっていた所を3時間も短縮して4時間半程で行けちゃうんです!

■FROM 成田空港(東京)
GK41便:成田(19時40分)発~マニラ(23時25分)着
GK40便:マニラ(00時35分)発~成田(06時5分)着
※曜日によって若干異なります。

■FROM 中部国際空港(名古屋)
GK95便:中部(20時30分)発~マニラ(23時35分)着
GK94便:マニラ(00時45分)発~中部(05時35分)着

■FROM 関西国際空港(大阪)
GK81便:関空(20時30分)発~マニラ(23時35分)着
GK80便:マニラ(00時35分)発~関空(05時30分)着

また、ジェットスターはご存知の通りLCCですので、他のエアラインと比べて航空券代も断然お得!

東京・名古屋は片道9000円〜、大阪は片道8500円〜という価格なので、週末に野外フェスに出かけるよりももしかしたら安いのでは?

 

マニラのおすすめPOINT② スペイン統治時代の名残りが残っていてヨーロッパにいるかのような気持ちになれる!

これは僕も行くまで知らなかったのですが、マニラ市内にある「イントラムロス」という地域は中世ヨーロッパ風の街並みで多くの観光客が訪れることで有名だそう。 道路に馬車がトコトコと歩いている様子は中世ヨーロッパそのもの。

16世紀にスペインがフィリピンを統治した際に創られた街で、いまだにその時の雰囲気が色濃く残っています。

現在は観光地化していることもあって穏やかな雰囲気ですし、思わずヨーロッパに来たのではないかと勘違いしちゃいそうな程、東南アジアの雰囲気とはかけ離れています。

 

マニラのおすすめPOINT③ 世界遺産「サン・アグスチン教会」にも行けちゃう!

ここは、フィリピン最古の教会でスペイン統治下時代に本格的なバロック建築の石造で創られており、フィリピン有数の世界遺産の1つとして世界中の観光客の見どころになっています。

教会の中はとても神聖な雰囲気!! ヨーロッパ中の教会をこれまで見て周ってきましたが、全然大差ない程立派な教会でした。

 

マニラのおすすめPOINT④ 東南アジア感をたっぷり堪能できる!

ヨーロッパ風な地域があったと思いきや、もちろんここはフィリピン、言わずもがな東南アジアなのです。フィリピンに旅に行く方の多くが期待していることの1つにこの東南アジア感というのがあるのではないでしょうか。

喧騒とした街の雰囲気や成長市場としても注目される東南アジア諸国の熱気のようなものを感じることができます!

もちろん、フィリピンならではのローカルフードも忘れてはいけません。

 

マニラのおすすめPOINT⑤ 都市開発が進むマニラはホテルも充実!


そんなマニラでは近年都市開発が大幅に進んでおり、ホテルやショッピングセンターを始めとして観光客などの海外の人を受け入れる土台もしっかり出来ています。

特に空港からほど近くに開発を進めている「リゾート・ワールド・マニラ」ではアートシアターや映画館のほか、世界的なブランドショップやカジノな複合型施設では、東南アジアを感じさせないゴージャスな雰囲気すら味合うこともできます。

今回の旅では、この中にある「ベルモントホテル マニラ」に宿泊しましたが、日本のホテルとなんら変わらないクオリティのサービスを受けることができます。

 

マニラのおすすめPOINT⑥ エステマッサージやヨガなどのんびりタイムも満喫できる!


ここはマニラ市内から車で2時間半ほど行った避暑地でもある「タガイタイ」地域にあるスパ施設「Nurture Wellness Village)」。

自然の中に、個室に入ってマッサージを受けることもできますが、こうやって自然の中でのんびりとマッサージを受けることができ、これぞ至福なひととき。個人的には、この空間作りにも一見の価値があるなあと思いました。

マッサージはもちろんのこと、ヨガのような体験もできます! 先生の指示の下、動いてるだけですが(笑)

また、ここで食べれる食事はオールオーガニックなので、身体に良いものを摂り入れることができます。まあ、言うまでもなく最高だよね。

 

マニラのおすすめPOINT⑦ 世界一の夕日を眺めながら優雅なひとときだって過ごせるぞ!

ここまででもマニラを十分堪能できると思って頂けたと思いますが、まだまだあります。旅の最も大きな醍醐味でもある旅先での景色。マニラではこの点においても大きな魅力があるんです。

それは、「夕日」です。実はマニラは世界三大夕日の1つにも選ばれてるんです!!

ちなみにここは、「ソフィテル フィリピン プラザ マニラ」というホテルからの景色でお値段も15,000円〜とこのグレードのホテルにしては、リーズナブル! 日本だと余裕で2万円以上はしそうな高級なホテルです。

部屋もこんな感じ!めっちゃ素敵じゃないですか?^^

 

今年の夏は、週末の休みを利用してフィリピン・マニラへ行こう!

いかがでしたでしょうか?
僕も実際に行ってみて初めてこのような魅力がたくさんあり、しかもジェットスターを使えばサクッと行けちゃうので、週末旅行ででも行けると思い、ご紹介させて頂きました!

夏と言えば、海にBBQに野外フェスなど日本国内でも多くのアクティビティがあるかと思いますが、いつもと違う週末を過ごしてみるのも良いかもしれませんよ^^

7月〜8月は雨季に入っちゃうので、6月中に行くことをオススメします!思い立ったらすぐ行動しよう!

【取材協力】
フィリピン政府観光省
http://www.premium-philippines.com/
ジェットスター
http://www.jetstar.com/jp/ja/home

関連記事リンク(外部サイト)

大学入学前に世界一周。1週間で飽きた
フィリピン留学中の大学生の味方!セブ島にある安くて美味しいローカルレストラン5選
手つかずの自然が溢れる神秘の島。フィリピン・シキホール島の魅力まとめ
セブ島から日帰りで行ける「ボホール島」ベストプラン!ツアーよりも個人の方が断然お得です

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。