ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

朝1杯飲むだけ!進化型「レモンウォーターダイエット」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

飽き性でも大丈夫。夏までにメリハリボディをゲット!

海外の有名セレブや芸能人からブームに火がついた「レモンウォーターダイエット」。
レモンをしぼった水を毎朝1杯飲むだけで痩せられるという、簡単な方法が話題になりました。
今回はそんなレモンウォーターダイエットを、もっと簡単に効率よく続けるためのコツをご紹介します。
暑い夏に向けて、気分も身体もすっきりと、メリハリボディを目指しませんか。

 

簡単レモンキューブの作り置きで毎朝楽チン♪

■材料(2回分)
・レモン(無農薬) 1個(大さじ2)
・水 400ml
■作り方
<レモンキューブを作る>
①レモンを横半分に切りにし、フォークで果肉を数か所刺してから果汁をしぼる。
製氷皿に入れて冷凍庫で一晩凍らせる。
※好みでレモンの輪切りを4等分したものを加える。
②グラスに水を入れ、①を加えて溶かしながら飲む。
■ポイント
・お好みでレモンスライスを一緒に凍らせると、さらに香りがたって美味しいです。
・レモンキューブはできるだけ小さく作った方が水に溶けやすいです。
(1キューブの目安は小さじ1~小さじ3。製氷器は1キューブ1㎝~3㎝角が便利)。
・果汁が少量なら冷凍保存パックに入れ、平らにして冷凍すれば、袋のまま砕いて使えます。
・レモンがない場合は、市販の100%レモン果汁を使ってもよいでしょう。

 

レモンウォーターの飲み方と、気になる効果は?

<基本の飲み方>
・レモンウォーターは、朝起きてから朝食を食べる前のタイミングで飲みます。
・飲む時は、できるだけストローを使いましょう。
(レモンは酸性度が強く歯を変色させる場合があるため、歯に触れないようにストローを使うことをおすすめします)
<効果>
・ダイエット&デトックス
レモンのポリフェノールは脂肪の吸収を抑制し、体外に排出する手助けをします。レモンの酸味は、ストレスによる食べすぎを防ぎます。
・美肌&アンチエイジング
レモンに含まれるビタミンCは、コラーゲンを生成する手助けをし、シミやくすみの原因、メラニンの生成を抑制する働きがあります。
・風邪予防
レモンのビタミンCは免疫力を高めて、風邪予防にも役立ちます。
・疲労回復
レモンの「クエン酸」は疲労物質の乳酸を分解したり、血液をサラサラにして新陳代謝を促進し、疲労を回復させる効果が期待できます。
<長続きするためのコツとアレンジ>
・レモン果汁をしぼって冷凍しておきます。数個分、まとめてしぼって冷凍しておくと便利です。
・ライムやミントの葉、シナモンスティックやローズマリー、しょうがなどを加えると、効能が得られるほか、飽きずに楽しめます。
・飲みにくい時は、オリゴ糖(液体)や好みのシロップを加えてみてください。
・水の代わりに炭酸水で割ってもよいでしょう。
・余ったレモンは輪切りにして冷凍しておくと、お料理やデザートにもいろいろ使えます。
・リラックスタイムにはレモンキューブに、ラム酒(小さじ1/2)とメープルシロップ(大さじ2)、炭酸水100mlを混ぜれば深いコクのある大人のレモンカクテルに。ラム酒の代わりにウイスキー、ブランデーでも美味しいです。
夏のメリハリボディを目指してくださいね。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP