ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

屋台やマーケットも☆下北沢の高架下に新スペースがオープン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ライブハウスや古着屋が数多く集まり、独特の文化を育む街として人気の「下北沢」に、注目のスペースがオープンします!

その場所は、なんと駅の高架下!今年8月から3年という期間限定で、飲食&イベントスペースとして解放されることになりました。

・下北沢にアジア屋台が⁉︎

飲食店舗「long vá quán(ロンヴァクァン)」(仮称)は、アジアの屋台酒場からインスピレーションを得たカジュアルな食堂・酒場。

屋外に設置される「下北沢ケージ」は、金網フェンスに囲まれた面積約200平米のスペースで、店舗の屋外席も兼ねています。

普段は公園空間として開放されるのに加え、夕方からはナイトマーケットが開催されることも。

・アートイベントやパフォーマンスも

「下北沢ケージ」はアートイベント、パフォーマンスなどの会場として利用することもでき、下北沢の新たな文化発信地となりそうな予感です。

なお、このスペースを手掛けるのは、ユニークな物件を紹介する「東京R不動産」でおなじみのスピークと、編集者の草彅洋平氏が率いるピストル。

2つの個性がどんなシモキタ・カルチャーを築いていくのか、期待が高まりますね☆

グルメ(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP