ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米国へ一時帰国の巨人ポレダ 典型的な給料ドロボー助っ人

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 チーム打率2割4分1厘、チーム得点161は12球団ワースト(6月1日現在。以下同)。そんな「打てない」「点が取れない」高橋由伸・新監督率いる読売巨人軍で、防御率0点台で一人気を吐く菅野智之(年俸1億3000万円)も貧打のせいで10戦してわずかに4勝。

「自分で打たないと勝てないと思っているのか、打席でも悲愴感が漂っている(打率は3割3分3厘)。このまま見殺しが続けば、いつ“やってらんねェ”と我慢の限界を迎えてもおかしくない」(担当記者)

 投手陣で誤算だったのは「高橋監督が“頼りにしてる”と声をかけていた内海(哲也、4億円)です。オープン戦は絶不調で、一軍に合流したのは5月に入ってから。中継ぎの山口(鉄也、年俸3億2000万円)など、一緒に自主トレする“軍団”を率いる内海の出遅れは、チームの士気にも大きく影響した」(同前)という。

 助っ人・ポレダは、昨季8勝8敗ながら年俸が6300万円から1億5600万円へ倍増したが、「下位打線への四球や不用意なボークで失点を重ね、感情を表に出さない高橋監督もイライラしていた」(同前)と期待外れ。不振で二軍落ちすると、5月中旬には「左腕の違和感」を理由に米国に一時帰国してしまった。典型的な「給料ドロボー助っ人」のパターンである。

 昨年チーム最多の13勝を挙げたマイコラス(2億4000万円)もキャンプ中に右肩痛を訴え、いまだ二軍登板すらない。巨人OBの広岡達朗氏の怒りは収まらない。

「高橋監督は、現役時代の自分のような選手が配下にたくさんいる状況です。高橋自身、現役時代はすぐに痛みや違和感を理由に欠場していましたからね。

 かつての自分の甘えを素直に詫びれば、チームの意識も少しは変わるのではないか。川上哲治・監督は就任したばかりの頃、“俺は現役中、自分の打撃のことしか考えていなかった。監督になれば厳しくチームを統率しなければならん。これまでのことは悪かった”と選手に頭を下げた」

※週刊ポスト2016年6月17日号
誤算の多いジャイアンツ(公式HPより)
【関連記事】
総額60億超 高年俸選手のみでWBC代表を選んでみた
高橋由伸監督が2軍の「阿部慎之助」派との派閥争いに苦悩
J1監督の年俸 森保一氏やピクシーら優勝しても上昇率低い

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。