ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ザ・ベストテン』秘話 井上陽水は法事で欠席した

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 久米宏と黒柳徹子の司会で、1978年1月にスタートした歌番組『ザ・ベストテン』(TBS系)。お茶の間に浸透し、驚異的な視聴率を叩き出した。

 長きにわたって音楽シーンを牽引していく歌手たちが綺羅星のごとく並んだ1981年9月17日、番組は歴代の最高平均視聴率41.9%を記録した。その伝説の番組の、今だから言える裏話を紹介する。

●西田敏行を入れて3人司会?
 黒柳徹子と当時TBSアナウンサーだった久米宏との軽妙なやりとりが話題を呼んだが、実は番組立ち上げ時、西田敏行を加えた3人で司会をする構想があった。黒柳と西田が場を盛り上げ、久米が進行を担当する予定だった。しかし、オファーはしたものの結果的に西田のスケジュールが合わず、その話はなくなったという。

●アルフィーのサプライズが不発
 1984年に、THE ALFEEがランクインした『恋人達のペイヴメント』で出演。そのとき、ファンの自宅をサプライズで訪問する企画が進められた。「でも、当日、ファンの自宅に行ってみると、留守。仕方なく家の前で中継すると、カラオケテープがよれよれで音がうまく出ず、歌いづらくなるというダブルハプニングだったそうです」(元プロデューサー・齋藤薫さん)。

●「法事」を理由に辞退した井上陽水
 出演辞退するニューミュージックの歌手が多かったが、井上陽水は1度だけ出演している。プロデューサーだった故・山田修爾さんは以前、本誌の取材にこう語っていた。「井上さんには何度も交渉して、1984年11月に『いっそセレナーデ』でランクインした時に、ようやく出演してくれました。翌週も出てもらえると思ったら、辞退されてしまって。その理由が『法事のため』。陽水さんの真骨頂だと思いましたね」。

●松山千春のトークで百恵歌えず
 松山千春も出演したニューミュージックの歌手のひとり。『季節の中で』で“最初で最後の出演”という約束で、北海道旭川のコンサート会場から生中継での出演となった。当初の予定では冒頭3分間のMCの予定だったが、松山は8分間、しゃべり続けた。結果、その日1位だった山口百恵さんは歌を披露する時間がなくなってしまった。

【データ】
放送局:TBS系
放送期間:1978年1月~1989年9月
放送回数:603回
主な司会者:黒柳徹子、久米宏、小西博之、松下賢次、渡辺正行 最高視聴率:41.9%(1981年9月17日)

【最終回のベストテン(1989年 9月28日放送)】
1:黄砂に吹かれて 工藤静香
2:太陽がいっぱい 光GENJI
3:リゾ・ラバ 爆風スランプ
4:GLORIA ZIGGY
5:世界でいちばん熱い夏 プリンセス プリンセス
6:淋しい熱帯魚 Wink
7:ドリームラッシュ 宮沢りえ
8:シングル・アゲイン 竹内まりや
9:MISTY~微妙に~ 氷室京介
10:VIRGIN EYES 中山美穂

※女性セブン2016年6月16日号

【関連記事】
黒柳徹子と満島ひかりがお揃いの「タマネギ頭」で登場
紅白歌合戦司会者 屈指の名コンビは上沼恵美子と古舘伊知郎
車椅子でNHK入りの黒柳徹子 紅白サイドに「出番は抑えて」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP