ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android Tips : あの日・あの時どこに居たのかをAndroidで確認する方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「あの日・あの時、どこで何をしていたっけ?」と過去の行動を思い返す場面に時々遭遇します。そういう時、Google マップのロケーション履歴機能を活用した「タイムライン」を利用すると便利ですよ。Android スマートフォンには位置情報を記録する「ロケーション履歴」が標準機能として備わっており(デフォルト ON ですが、OFF の場合もあるのでご注意ください)、様々な Android アプリにおいて、位置情報の取得や行動履歴の表示に活用されています。Google マップにはこのロケーション履歴機能が「タイムライン」として活用されています。ここれでは、日別の行動を確認できるようになっているので、イベントや旅行で外をどのように行動したのかを確認することのほか、その場で撮影した写真も表示されます。旅の思い出を振り返るには持ってこいの機能です。「タイムライン」には、訪れた場所の名前と住所、訪問時刻や滞在時間、移動手段が表示され、各項目にはジャンル別(食事や宿泊など)に何をしたのかを確認できます。また、場所をタップすると、地図が表示され、その日の移動ルートを確認できます。場所の名前を編集することも可能です。

■関連記事
ソフトバンク、シャープ「AQUOS Xx3」を6月10日に発売
サンワサプライ、スマートフォンを使って通話もできる暗視撮影対応のネットワークカメラ「400-CAM051」を発売
Google、Android用「時計」アプリをv4.4にアップデート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP