ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

藍井エイル、Kalafina、LiSA出演 NHK「SONGS」にて初の“アニソンSP”が全世界およそ100の国と地域で同時OA

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今週6月9日NHK「SONGS」(22:50~23:15(予定)総合テレビ)にて放送される“アニソンSP”に、今や日本国内だけではなく世界各国へ活動の幅を広げるアーティスト、藍井エイル、Kalafina、LiSAが出演する。

同番組が、アニメソングを特集し放送するのは、過去383回の歴史ある放送の中で初めての試みとなり、NHKワールド・プレミアムを通じて、全世界100の国と地域で、日本と同時放送される。日本発の文化が、世界で熱狂を呼び起こしているCOOL JAPAN現象。それを象徴するコンテンツがアニメだ。インターネットの普及もあり、現在では全世界同じタイミングで、日本発のアニメを楽しむことができるため、ファンの数は着実に増え続けている。

その人気を後押ししているのが、作品の世界観と密接にリンクしたテーマ音楽。主題歌を歌うアーティスト達は、ただ楽曲を歌うだけではなく、アニメ作品の世界を表現する存在として、熱烈に支持されている。今回は、その熱狂を代表する3組のアーティストがSONGSのスタジオに集結。

藍井エイルは「IGNITE」(アニメ「ソードアート・オンラインⅡ」オープニングテーマ)、Kalafinaは「Magia」 (アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」エンディングテーマ)、LiSAは「oath sign」(アニメ「Fate/Zero」1stシーズンオープニングテーマ)を披露。代表作のアニメ映像と共に楽曲を届ける。

そして更に今回同番組のナレーションを担当するのは、アニメFateシリーズで衛宮切嗣役として知られる人気声優の小山力也。番組に更なる彩りを添えることだろう。なぜ今世界は日本発のアニメに熱狂するのか。その秘密はこの番組を紐解けば明らかになるに違いない。

NHK「SONGS」チーフ・プロデューサー(CP)柴崎哲也コメント
アイドル、バンドなどとは異なるジャンルとして確立されたアニソン。10年頃から年々、市場も拡大する。新しいムーブメントがあるんだ、と知ってほしい。人気を支えるのは、作品の世界観とリンクしたテーマ音楽だが、歌い手は、アニメの世界を表現する存在として熱烈な支持を受ける。藍井エイル、Kalafina、LiSAからはアーティストとしての覚悟、熱意を強く感じた。それがライブでも伝わっている。

番組情報
NHK SONGS「アニソンSP」
出演:藍井エイル、Kalafina、LiSA(五十音順)
放送予定:6月9日(木)NHK総合 22:50~23:15

※NHKワールド・プレミアムを通じて、全世界およそ100の国と地域で、日本と同時放送。北米、欧州地域は独自の編成になるので下記参照。
・北米(アメリカ合衆国・カナダ)
→テレビジャパンhttp://tvjapan.net/
・欧州(欧州全域、ロシアおよび中東・アフリカの一部)
http://www.jstv.co.uk/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP