ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オトナ女子のオフィスメイク術♪アイメイクで印象UP!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アイラインは「描く」より「埋める」でシンプル&ナチュラルに

前回コラムに引き続き、今回はオフィスでの印象をアップさせるアイメイク&眉メイクをご紹介します。
アイラインは目力アップに重要なポイントです! しかし、やりすぎは禁物。
【オフィスメイク3つのNG】
①太く、濃く、長く描くこと
②はね上げ、キャットライン
③囲み目やたれ目メイクなど、下まぶたの濃いアイライン
目力アップのために重要なことはまつ毛の間を埋めることです。
アイラインとは元々、まつ毛の根元の部分(ラッシュライン)が影になってできる線のことを言います。
まつ毛の間をアイライナーで埋めて影を作ることで、自然にまつ毛がたくさん生えているように見えます。これが目力アップにつながります。
逆に、まつ毛が濃くたくさん生えている方は、あまりアイラインを描く必要はありません。
まつ毛の間を埋めた後、ダークブラウンのアイシャドウを細く目のキワに重ねると、先に塗ったアイシャドウとの馴染みも良く、アイラインの持ちも良くなるのでオススメです!
アイラインを太く濃くすれば目力アップ! というわけではありません。逆に目を小さく見せてしまったり、ただ化粧が濃いという印象を与えてしまうこともあるので気をつけましょう。

 

バサバサまつげはNG!自然な長さとカールを意識して!

目をパッチリさせるためにも、まつ毛は長さや濃さ、カールをしっかり出したいですよね。
しかし、マスカラを何度も重ね塗りしたり、つけまつ毛を使ったりしたバサバサまつ毛はあまり良い印象を持たれません。
マスカラはボリュームタイプよりもロングタイプを選ぶと良いでしょう。
細めのブラシやコームタイプのブラシを使うと、細かいところまで自然に仕上げることができるのでオススメです!
ビューラーでカールさせる時も、自然なカールを作るように心がけましょう。

 

相手に安心感を与える眉メイク

メイクで表情を表現する上で、眉毛はとても重要な部分です。
最近は太眉ブームと言われていますよね!
オフィスメイクでも、細すぎる眉毛より、少し太めの眉毛の方が相手に安心感を与えることができます。
しかし太すぎると眉毛の印象が強くなり、野暮ったくなってしまうので「やや太め」という感覚で自然な太さを意識しましょう。
平行眉(一文字のような真っ直ぐな眉)はオフィス向きではありませんので、ゆるやかな角度で眉山を作り、眉尻はすっきりまとめると良いでしょう。
また、眉尻が眉頭よりも下がってしまうと「不安、悲しそう」などマイナスな印象になりがちなので要注意!
自分の眉の毛や形を生かして、足りない部分をアイブロウパウダーやペンシルで埋めていきます。
いろいろな角度から見て、足りない部分がないかどうか確認しながら形を整えましょう!
2回に渡ってオフィスで印象アップにつながるアイメイクのポイントをお伝えしましたが、いかがでしたか?
手鏡などの小さな鏡でメイクをされている方は、姿見など大きな鏡で全体のバランスを確認しながらメイクをすることも大切です。
人から見られるのは正面だけではありませんので、様々な角度から見られることを意識してメイクしていくと良いでしょう。
一つひとつを丁寧に仕上げていくことで、ナチュラルメイクでも手抜き感を感じさせない上品で凛とした印象を与えることができます。
これらを意識しながらメイクしてみてくださいね!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP