ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

注射嫌いな子どもの対処法は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


子どもが注射をする機会は、意外と多いもの。成長するにつれて、注射への恐怖心が芽生え、病院に連れて行くだけでも大騒ぎに…。多くのママを悩ませる注射。スムーズに終わらせるコツを紹介します。

【もっと大きな画像や図表を見る】

●黙って病院に行くのはNG!

注射と聞くと子どもが騒ぎ出すので、黙って病院に連れて行くというママは多いはず。しかしこれはあまり良くありません。前日にでも、「明日注射に行くからね」と子どもに伝えておき、注射が必要な理由をしっかり話してあげてください。子どもには子どもなりの覚悟があります。大人でもそうですが、どうせ嫌なことをするなら、突然黙って連れて行かれるより、宣言されたほうが潔いですよね。黙って連れて行くと、親への不信感が高まる可能性も。注射に行くことをきちんと伝え、物で釣るのはあまりよくないかもしれませんが、「病院のあとは○○食べよう!」「終わったら○○に行こうね」と、「楽しいことが待っている」と思わせるのもひとつの方法です。

●待合室で我慢させるには?

注射を打つ前の待合室は、子どもにとってはとてもつらい時間。大人でも、病院の独特な雰囲気が苦手…という人はいますよね。

少しでもリラックスさせるために、子どものお気に入りのおもちゃやぬいぐるみを持っていくと◎。ぬいぐるみは持たせるだけではなく、「○○ちゃんがんばって!」とぬいぐるみが応援してくれるように話しかければ、勇気も湧いてきます。それでも手に負えないほど泣いてしまうときは、受付に外で待たせて貰うよう頼みましょう。ほとんどの病院は承諾してくれますし、病院によっては順番になったら呼びに来てくれたり、携帯に電話をしてくれるところも増えています。

●「痛くない!」なんてことはない!

よく注射を打つときに「痛くないよ!」と子どもを励ます親を見かけますが、やっぱり子どもにとっては痛いもの。打ち終わった後に、子どもが「嘘をつかれた…」と感じてしまう可能性もあります。

「ちくっと痛いけれど、すぐ終わるよ」と本当のことを伝えつつ、すぐ終わることも強調してあげましょう。そして注射が終わったら、「よく我慢したね」「偉いね」とひと言、労いの言葉を忘れずに!

はじめは怖いと思っていても、一度克服すると、子どもに自信がつきます。注射について、正直に子どもと話し合い、不信感を抱かせることなく、注射をすませられるようにすれば、ママの負担も減るかもしれませんね。
(文・姉崎マリオ/考務店)

記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』
(R25編集部)

注射嫌いな子どもの対処法は?はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

子どもが薬を嫌がる、そんな時に試したい方法
幼児の骨折、正しい応急処置は?
しつけと「虐待」の線引きはどこ?
春に注意したい子どものSOS行動
子どもの心身の異変をケアする足裏マッサージ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP