ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日テレ女子アナ社内事情 水卜、鈴江、葉山らの明暗

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 画面に登場する姿が増えると話題になる女子アナの皆様方だが、今回はある女子アナが画面から“消える”ことがニュースになった。

 日本テレビの葉山エレーヌアナ(33)が6月の人事でインターネットへの番組配信などを手がけるインターネット事業部に異動することが分かった。突然の異動について、日本テレビ関係者が語る。

「アナウンス部との兼任ですが、事実上の“女子アナ引退勧告”です。社員も知らされておらず一時は騒然としましたが、驚いたのは本人でしょう。『なぜ私!?』と落ち込んでいるようです」

 朝の人気情報番組『スッキリ!!』のMCを長く務めた葉山アナだが、出産から復帰後はレギュラー番組もなく、たまにナレーションやニュースを読む程度。異動で本格的に画面から「消える」ことになりそうだ。

「彼女は能天気で、『スッキリ!!』が上重アナ騒動(※)で暗い雰囲気だった時も、1人だけハイテンションで浮いていたし、以前はアナウンス部の上司から派手な私生活を注意されていた。ついに上層部が戦力外通告した形です」(同前)

【※『スッキリ!!』のMCだった上重聡アナが、自宅マンション購入の際にスポンサーであるABCマートの創業者・三木正浩氏から多額の融資を無利息で受けていたことが発覚し、番組で謝罪した】

 女子アナが「画面」という居場所を得るためには、視聴者からの支持はもちろん重要だ。しかし、それ以上に明暗を分けるのはどうやら「社内事情」のようだ。

 葉山アナと対照的なのが『ヒルナンデス!』や『24時間テレビ』の総合司会など、局の看板番組を数多く担当する水ト麻美アナ(29)。実は彼女も、“消える”ピンチを乗り越えていた。大手広告代理店関係者がいう。

「人気女子アナなのに驕らず、代理店の関係者が常駐する部屋にも気さくにあいさつに来てくれました。『ヒルナンデス!』で共演する関ジャニ∞の横山裕さんと熱愛報道が出たときは、“ミトちゃんのことは悪く言わない”と示し合わせた」

 そのお陰か、騒動後も降板の話題さえ出なかった。

『news every.』でMCを務める鈴江奈々アナ(35)を後押しするのは局内の男性スタッフ。日テレの番組スタッフがニンマリする。

「後輩女子アナの憧れの存在であることは知られていますが、実は男性スタッフの人気もダントツ。彼女は人との距離が近く、打ち合わせの時には『やだぁ~』と膝をポンと叩いてきた。“気があるのかな”とつい思って応援したくなるんです(苦笑)」

“膝タッチ”が奏功したかはともかく、鈴江アナは葉山アナとは対照的に、出産から復帰後すぐに『news every.』のMCに戻り、今も番組の顔として不動の地位を築いている。

※週刊ポスト2016年6月17日号

【関連記事】
テレ朝新人久冨アナ 次に報ステ・古舘伊知郎の隣に座ると噂
高島彩が11位 女子アナ潜在視聴率トップ20を発表
葉山エレーヌアナのスキャンダル避けたい日テレ 監視強化中

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP