ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビーフ、ポーク、チキン♡シュラスコ料理専門店「バルバッコア」のビアガーデンは肉食女子のオアシス!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


オリンピックイヤーの勢いも相まって、日本でもますます盛り上がりをみせるブラジリアンフードブーム。

人気シュラスコ料理専門店「バルバッコア」では7月8日(金)~9月30日(金)に港区・高輪の京急ショッピングプラザ ウイング高輪WEST 3Fにて、期間限定のビアガーデン「BARBACOA BEER GARDEN」を開催する。

ブラジル・サンパウロに本店を持つ同店は、牛肉の希少価値の高い部位を楽しめるシュラスコや、ブラジル独特の食材を味わえるサラダバーなど、全50種類近くあるお料理をブッフェスタイルで楽しめるレストラン。


「BARBACOA BEER GARDEN」では、店の看板メニューである牛豚鶏のお肉を岩塩のみで焼き上げたグリル料理やコッシーニャ(鶏のコロッケ)など、独特なブラジル料理を「バルバッコアコース」(4500円)として提供。

加えてドリンクは、サトウキビの蒸留酒を使用した「カイピリーニャ」や トロピカルフルーツを使った「マラクジャサワー」、暑い夏にぴったりのフローズンカクテルなどをラインナップし、他のビアガーデンとはひと味違う、本場ブラジルの熱い夜を体験できるビアガーデンとなっている。

「BARBACOA BEER GARDEN」は下記サイトよりすでに予約を受付中。都内でも人気のビアガーデンなので、席の確保はお早めに!

http://barbacoa.jp/news_takanawa/barbacoa-beer-garden%EF%BC%88wing-%E9%AB%98%E8%BC%AA%EF%BC%89grand-open/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP