ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

神戸山口組幹部射殺事件 抗争、金、怨恨など憶測飛び交う

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 沈静化していたかに思われた「山口組分裂」抗争が、急展開を迎えつつある。5月31日に神戸山口組幹部・池田組の高木忠若頭が岡山市南区のマンションで射殺された事件で、6月5日に六代目山口組系の男が警察に出頭し、逮捕された。このまま“2つの山口組”は泥沼の報復合戦になだれ込むのか? フリーライターの鈴木智彦氏がレポートする。

 * * *
 高木若頭は岡山の繁華街の有名人だった。たとえば、市内で働くほとんどのタクシー運転手は、撃たれた高木若頭の顔や人となりを知っている。大都市圏の常識ではあり得ない、地方都市独特の距離感だ。

「山口組の分裂前は奥さんと小さなお子さんを連れ、駅前のホテルによく来ていた。ここを利用するのは池田組の人間だけ。トラブルがあってはまずいので、同業者は高木さんやその車、ナンバーを頭に入れている」(タクシー運転手)

 駅前の商店主は、警戒した顔つきながら、「この辺の店はけっこう池田組と付き合いがある」と話す。

「まだコインパーキングが普及する以前に、飲み屋のビルにカラーコーンを置いて、自分たちの駐車場に誘導したり、商売が上手」

 池田組は神戸山口組でもトップクラスの資金力と評される。金は力であり、暴力の源泉と考えて差し支えない。金のないヤクザは、本気の喧嘩だってできない。

 池田組の池田孝志組長は、分裂劇の引き金をひいた主要メンバーの一人で、神戸山口組では舎弟頭という重鎮だ。その後、(六代目山口組直参の)大石組や大分の石井一家といった六代目側の組織から組員を引き抜き、さらに六代目山口組大同会預かりだった木村会(元々は神戸山口組の山健組の有力組織)を神戸山口組に移籍させるなど、全国で活発に動いていた。そのため、こうした引き抜き合戦の余熱が、殺害の遠因ではないかという見方がある。

「六代目傘下を切り崩した池田組の現場責任者が、殺された高木若頭だった。池田組の看板があってこその仕事でも、ヤクザとしての器量がなければ不可能なこと」(神戸山口組側の組員)

 ただし、事件当日、暴力団筋では「抗争とは無関係」という観測が根強かった。

「引き抜きからは時間が経ちすぎている。こんな目立つ事件は、明確な怨恨や利害関係がないと起きない」(岡山市内の神戸山口組系幹部)

 発生が月末の31日だったことから、シノギがらみの事件とも推測されている。月の最終日は、暴力団たちの貸借では「金を払う日」だからである。岡山市内にある山健組系列と揉めていたと話す警察関係者もいる。

「組がらみの債権回収で矢面に立っていたのなら、金がらみの事件かもしれない。あるいは、六代目側から引き抜いた人間たちの金がらみのトラブルか。双方が情報操作をしていて、まだ真相が見えない」

 今年頭から全国各地で頻発した六代目山口組と神戸山口組の小競り合いは、ここ2か月、伊勢志摩サミットという国際行事を考慮し、国家のメンツを潰さないため自粛されてきた。他国の国家元首が来日している際に抗争事件を起こせば、なりふり構わぬ国策捜査が始まってしまうからだ。社会から本気で忌避されず、警察を激昂させない程度を探りつつ、現代の抗争事件は実行される。

※週刊ポスト2016年6月17日号

【関連記事】
全暴力団構成員は約2万2300人 検挙人員は2万2495人
山口組vs神戸山口組 仁義なき「LINE抗争」勃発
山口組系事務所に車が突っ込む 「警告のレベル」と溝口敦氏

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP