ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

熊本地震でデマ撒き散らした知的クリーチャー(怪物)の特徴

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 先般発生した熊本大震災で「ライオンが檻から逃げた」「朝鮮人が井戸に毒を投げた」などの悪質なネット上のデマが大きな問題になった。罪悪感なく卑劣な行動に走るこうした人々にはどんな特徴があるのか。著述家の古谷経衡氏が警鐘を鳴らす。

 * * *
 この手のデマは昨年9月の茨城県の豪雨災害でも「外国人が空き巣を働いている」などの流言となってネット空間に伝播した。ふつう、天変地異で同胞が苦しんでいるとき、ネット上でデマを拡散するという行為は異常な心理である。が、これを行う側は異常であるとは思わないのでこうした卑劣を平気でやる訳だ。

 このようなデマの発信者には、大きな特徴がある。彼らは愉快犯ではない。愉快犯とは自らの行為が犯罪であるという自覚があるから、身元を秘匿する。

 しかしこうしたネットデマの発信者の多くは、自らの身元を堂々と開陳する一方、IPアドレスを偽装するという手間をかけないので、すぐに官憲の御用になる。学校や市役所のネット掲示板上の爆破予告などがその典型で、IPを欺瞞していないのですぐに逮捕される。

 要するに、自らの行為に罪悪感を持たず、さりとてその結果、自らの行為がどのような形の社会的制裁を受けるかも想像できない。このような同じ人間種族とは到底思えない、異形の精神構造を持った人々のことを私は「知的クリーチャー(怪物)」と呼ぶ。

 知的クリーチャーたちは、性別・年代・職業を問わず、私たちのすぐ隣に何食わぬ顔で潜伏している。彼らがなぜ知的なのかといえば、相応の社会生活を営んでいるからだ。

 冒頭の「朝鮮人が……」は1923年の関東大震災の基礎知識が必要だし、「ライオンが…」は一応の画像探査能力を要求される事案だった。ネットを使いこなしているわけだから、知能そのものに問題があるわけではない。知的クリーチャーがわりと多く生息するのは、たとえば動画生放送の分野である。

 堂々と自らの犯罪を、顔を出して全国に生放送する人々(生主)が後を絶たない。大幅な速度超過の運転模様をアップロードしたり、浅草の三社祭にドローンを飛ばすと宣言したり……。官憲が黙っているとでも思ったのだろうか。

 案の定彼らは逮捕され社会的生命を失う。彼らが計画性のある愉快犯なら、巧妙に自らの身元を欺瞞するはずだが、それが無い。罪悪感がなく、すぐ先の未来を想像することもできない垂直的な思考。これが「知的クリーチャー」の持つ世界観である。

 ふつう人間は、自らの行動の結果を、その行動の前に想像してみる。それは将棋の手を読む事に似ていて、100手先を考えて行動する智将もいれば、2手先までしか想像しない者もいようが、とりあえず想像する。

 しかし「知的クリーチャー」にはこの想像力が欠如している。次が王手になることがわかりきっているのに、いきなり自分の王将を相手の飛車の前面に差し出す。

 将棋のルールがわからないのではない。相手の1手先、相手の心理、ごく近い未来の自分と他者の関係性すら想像することができないのだ。彼らの動機はシンプルである。「やりたいから」。デマを流して何を目指したいのだろうか。社会の変革か。あるいは特定の誰かへの経済的ダメージであろうか。いや何も無い。ただ「やりたいから」やる。

 この垂直性こそが彼らがクリーチャーである由縁である。こうなってくると彼らクリーチャーと対話することは不可能である。

 罪悪感の無い人間に、それが悪であると教える方法は対話ではなく法による強制力しかない。逮捕され身柄が拘束されれば、当然「やりたいから」という理由でデマを流すことはできない。それ以外に防ぎようが無い。怪物を倒すのは法と物理的制裁である。

 少し前、コンビニや飲食店のバイト店員が、冷凍ケースに寝そべったり、食器洗い機に足を突っ込んだりする写真がSNS上に流布されて大きな問題となった。

 彼らは当然、法的にも社会的にも制裁を受けたが、取り調べに際し異口同音に「何が問題であるのか、指摘されるまでわからなかった」というニュアンスの受け答えをした。閉鎖的で同質的な人間関係の中で、批判精神が欠如した馴れ合いの空間には「知的クリーチャー」が発生しやすい。

 有名な「スタンフォード監獄実験」はその典型である。閉鎖空間の中にいると、人間は異常を異常とも思わなくなり、想像力を失っていく。知的クリーチャーは先天的なものなのか、それとも後天的に発生するのかは今後の研究の進捗しだいであろう。

 ネット空間こそ、もっとも閉鎖的空間である。見かけは自由に開放されていながら、実際に人々はSNSで自分と同質な人としか会話をせず、交流しない。極左は極左同士、極右は極右同士のコミュニティを囲い込むのがSNSの人間空間である。この空間こそ、まさに「知的クリーチャー」を培養する腐葉土だ。

●ふるや・つねひら/1982年北海道生まれ。立命館大学文学部卒業。主な著書に『愛国ってなんだ 民族・郷土・戦争』(PHP新書)、『左翼も右翼もウソばかり』(新潮新書)など。近著に『ヒトラーはなぜ猫が嫌いだったのか』(コア新書)。

※SAPIO2016年7月号

【関連記事】
草食系若者世代が日本の将来救う可能性あると『下流社会』著者
「円高でもサーチャージは引き下げません」と航空会社宣言
覚えておいたほうがいい韓流アーティスト ZE:A、FTIslandなど

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP