ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エコBBQを存分に楽しむなら、「火を使わない」をキーワードに!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

キャンプ場や指定の河原、公園に行かずと気軽にBBQを楽しみたい。そんなニーズに応えるクッカーがあります。それも環境に配慮したイマドキのもの。なぜなら炭もガスも、さらには電気も使わないというんだから。

え、直火でなければBBQじゃない?大丈夫、仕上がりはちゃんと直火のソレしてますから。火おこしや後片付けの手間も要らないとなれば……。

燃料一切必要なし!
太陽光で調理できる

アメリカ生まれの「GoSun Sport」は、すでに世界40以上に輸出されるヒット商品。アウトドアの新定番として、従来のBBQグリルやコンロにとって代わる勢いなんです。これ、決して言い過ぎではなく。

多々あるメリットのなかでも、燃料(炭や薪)を必要としないのが最大のポイント。つまりは火をおこす手間がいらならいってこと。
「直火でこそのBBQだ」という人はゴメンなさい。それでも、今よりもっと手軽にBBQや外メシを楽しみたい!と願う、ライトユーザーにはおあつらえのクッカーだと思うのです。

ただし、そうは言ってもポテンシャルは超ヘビー級。革新的な調理法を早速チェック!

前述の通り、GoSun Sportは太陽光をエネルギー源とする調理器具。これまでにも羽をバラボラ状に広げて、太陽光を集める調理器具はありました。が、組み立てから持ち運びまで、すべてをシンプリファイして刷新したのがこちら。

独自開発の真空管チューブ(この中に食材が入る)に集めた太陽光をシリンダー内部へと効率的に送ることで、わずか20分足らずで、最大290℃近い高温での調理を可能にしているのです。

集めた光は真空管の中で
MAX290℃にまで

触れたら火傷なんかじゃ済まないレベル?なはずの調理中でもご覧の通り。強化ガラス製の真空管は優れた断熱性能があり、表面に触れても火傷の心配はないんだそう。子どもたちが火の側を通るたびに、ヒヤッとさせられるパパやママにもこれは朗報。

お肉や野菜はもちろん、パンだってバッチリ。焼く、炙る、炒める、蒸す、煮る、シリンダーを通せばどんな料理だって楽々クッキング。それもひっくり返したりする手間も一切なし!

さらには、真空管を通すグリップの付いた調理トレーに乗せたまま、料理をサーブできるのもいい感じ。できたて感をリアルに演出できそう。

だから、太陽の光を集めてセッティングしてさえおけば、それが海だろうと山だろうと遊んでいる間に料理が完成。誰か一人が火の番をしておく必要もないってこと。

でも、さすがに曇天の火はお手あげ。と思うでしょ?ところが、集熱効率の高いGoSun Sportは、太陽が雲の合間に隠れたって保温状態を保つことができ、冬でも利用が可能だとメーカーは太鼓判。シリンダーを覆うようにパタンと反射板を就農すれば、バックパックに引っ掛ける程度のサイズ感に。これならコンパクトで持ち運びも楽チンってもん。

ベランダBBQなら断然こっち

広い庭がなくたってベランダでBBQを楽しみたいと思っても、防災上の観点や周囲の居住者への匂いの問題から、モラルや独自のルールが定められていますよね。そうしたセンシティブな課題を、この太陽光調理器具が解決してくれるんじゃないでしょうか。ただし、どんちゃん騒ぎは別問題ですからね。

ちなみに、GoSun Sportは日本でも発売中。たとえほんのちょっとだって、環境に優しい方がイマドキ。34,800円(税込み)はランニングコストが必要ないと思えば、決して高い買い物ではない!今シーズンから乗り換えるならこちらから。

ドカン!と丸焼き派には
新製品gosun grillも

こちらはGoSun Sportよりさらに大型の最新製品「GoSun Grill」。ステーキ一枚肉だけでなく、鶏の丸焼きもいけちゃうようです。また、グリルしながらスープの同時調理だってOK。ファミキャンのお供にいいかも。現在のところ、アメリカでのプレオーダーのみなので、価格は参考までにで599ドル(約64,000円)。

Licensed material used with permission by GoSun Stove,株式会社 eSPORTS

関連記事リンク(外部サイト)

アボガド、ラズベリー、大麦など…。「食物繊維」が豊富な食材11選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP