ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

下田あじさい祭り&きんめ祭り。金目鯛の握りとあら汁でなんと200円!!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

雨粒にしっとりと濡れる紫陽花は、私たち日本人が心惹かれる花です。紫陽花を見なければ、夏が来ない気さえしませんか。紫陽花の名所は数々あれど、混みあわない場所で、ゆっくり花の美しさに浸りたいものです。

6/1から開催の伊豆「下田あじさい祭り」なら敷地が広いので、さほどの混雑なく落ち着いて鑑賞できます。しかも同時期「下田きんめ祭り」が開かれるので、旬の美味しい海鮮も味わえるチャンスが。これは気になりますね。

下田あじさい祭り


(C) facebook/下田市観光協会

下田市街と下田港を見下ろす下田公園。もともとは下田城跡地があった場所で、10万坪にも及ぶ敷地の全域に紫陽花を見ることができます。

日本一の紫陽花


(C) facebook/下田市観光協会

公園といっても小高い丘にあり、紫陽花に覆われた山といった趣です。広い敷地内のアップダウンのある道を歩きますので、ヒールなどは不向き。履きなれたスニーカーで出かけましょう。

総計15万株300万輪の紫陽花は、圧巻。「クロジク西洋アジサイ」、「ウズアジサイ」、「アナベル」などの名前の付いたあじさい150種以上を見ることができます。

敷 地 10万坪
紫陽花 15万株、300万輪
種 類 150種類

見渡す限り紫陽花


(C) facebook/下田市観光協会

360度見渡す限り、あっちを見てもこっちを見ても紫陽花です。こんなに見ごたえのある紫陽花は、他にはないかもしれません。開花状況については、こちらでチェックされた方がよろしいでしょう。

xhttps://www.youtube.com/watch?v=U8wnSrdSI3Q

【平成27年あじさい祭(一社)下田市観光協会】

xhttps://www.youtube.com/watch?v=o3PxOMzXzFc

‪【[ 4K Ultra HD ] 伊豆下田あじさい祭 Hydrangea Festival in Shimoda (Shot in 4K with Samsung NX1)‬】

■下田あじさい祭 (下田市)
【期 間】6月1日(水)~6月30日(木)
【入園料】無料

下田きんめ祭り


(C) Shimoda Tourist Association

金目鯛の水揚げ量が日本一


(C) facebook/伊豆下田100景

下田港は、金目鯛の水揚げ量が日本一。「きんめ祭り」は、金目鯛の旬の6月に行われます。期間中7:30 – 9:00am頃の水揚げの様子も見学できます。この赤い姿を見ると、テンションがあがりますね。

イベント 金目鯛の握りと金目あら汁が200円


(C) facebook/伊豆下田100景

道の駅「開国下田みなと」にて9:45am~、金目鯛の握り+あら汁で、なんと200円!!

早いもの勝ち!


(C) facebook/下田市観光協会

【開催日】6月19日
【開催地】道の駅「開国下田みなと」1Fテナント内
【提 供】地金目鯛の握り1貫とふのり入りきんめアラ汁が200円!
【時 間】9:45amから各日先着250名に販売
※6月12日/26日はきんめチャウダー200円!(先着200杯)

金目鯛を食べ尽くす!


(C) facebook/伊豆下田100景

下田で、旬の金目を食べ尽くしましょう。

金目鯛煮付け
基本は、やっぱりこれでしょう。熱々の白いご飯の上に、たっぷり汁の浸みた煮魚をのせて。考えただけで、ニンマリですよ。


(C) facebook/下田市観光協会

あぶり金目丼
煮魚もお寿司も良いけど、これもまた捨てがたい。炙ることで旨味が凝縮されます。


市場の食堂 金目亭「あぶり金目丼」 (C) facebook/伊豆下田100景

金目鯛カツ丼
黄金色に輝く金目鯛のカツ丼。なんとも魅力的。


上の山亭「地金目鯛のカツ丼」 (C) facebook/伊豆下田100景

他にも、金目バーガー(下田バーガー)、金目コロッケなど魅力のあるメニューが味わえますよ。

■下田きんめ祭り (下田市)
【期 間】6月1日(水)~6月30日(木)

一味違う下田土産

おみやげには、ありきたりでないものを持って帰りたいですね。

ハリスさんの牛乳あんパン
自家製こしあんとソフトバターの相性、牛乳を練り込んだパン生地はしっとり。下田ロコにも大人気。


平井製菓 (C) facebook/平井製菓株式会社

キューピーサブレ
この可愛さは、連れて帰らずにはいられないでしょう。しかも双子で130円。壊れないよう、大事に連れて帰らなきゃ。


雑賀屋(さいかや) (C) facebook/伊豆下田100景

よあけまん
「よあけまん」は甘みを抑えた酒饅頭。「よあけ」とか「金栄」堂とか、縁起が良いネーミングが好きですね。


金栄堂 (C) facebook/伊豆下田100景

東京からのアクセス

東京から、特急踊り子号で約2時間半。車で約2時間半から3時間半の近さ。これは絶対に行かなきゃ! ですね。

美味しいものをもっと堪能したいあなたには、ゆっくり泊まっていくことをオススメします。良い温泉もありますよ。

[伊豆下田観光ガイド]
[伊豆下田100景]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP