ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今年から通年公開!「迎賓館」でヨーロッパ気分を味わってみませんか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

国賓・公賓の宿泊やおもてなしをするために設けられた「迎賓館赤坂離宮」。毎年、夏の10日間だけ公開されていましたが、今年から公式行事に支障のない範囲で通年公開を行っています。

まるで海外のような佇まい

ヨーロッパにいるような気分になってしまう外観ですが、それもそのはず。明治42年に東宮御所として建てられた、国内唯一のネオ・バロック様式で、明治以降の建築物として初めて国宝に指定されているんです。それでは内観を見ていきましょう。

彩鸞の間

条約・協定の調印式や国賓とのインタビューなどに使われます。

花鳥の間

公式晩餐会が催されているお部屋。

朝日の間

表敬訪問や首脳会談などが行われるそう。

羽衣の間

レセプションや会議場などとして使われます。

当初から御所としてはあまり使用されなかったため、皇室から国の管理に。国会図書館や東京オリンピック組織委員会などで使用されたのち、昭和49年、迎賓館として今の姿になりました。前庭、主庭、本館、和風別館(游心亭)で構成されていて、内閣府によると本館は「明治の洋風建築の到達点の1つ」なのだとか。この美しさなら納得ですね。

インスタジェニックな
外観で話題!



四季折々の木々や花が植えられている庭も魅力の1つ。アメリカ・フォード大統領やロシア・ゴルバチョフ大統領が植樹した木も見ることができるそう。約35,500坪の敷地内、のんびりできちゃいそうですよね。

正門も国宝。この非日常感、行ってみたくなりませんか?

公開予定は随時サイトにアップ

現在の公開予定は、5月31日〜6月21日(6月1日、8日、15日を除く)、7月4日〜7月24日(7月6日、13日、20日を除く)。

前庭は入場自由ですが、本館・主庭=当日整理券または事前申し込みで、1日の定員が3,000人。参観料は大人1,000円。また、和風別館=事前申し込み。参観料は1,500円です。詳しくはこちらから。

館内の写真撮影は禁止なので、実際に行って見てみて!

Licensed material used with permission by 内閣府,boni_sho,mm_st,kw____wk,nailsalon_clara,hira_taku0

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP