ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

わずか7日で美味しい“自家製ビール”が醸造できる「Vessi」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

初夏を迎え、気温が上がる日が続くようになると、ビールが美味しくなってくる。

「自宅でこだわりのビールをつくって飲みたい」そんなあなたには、自家製ビールが手間要らずで醸造できる「Vessi」がおすすめだ。

これ1台で、発酵・炭化・ドリンクの注ぎまででき、わずか7日程度で手作りビールが完成するという。

・品質悪化を防ぐ工夫がされた構造や機能

専用の発酵槽は密封状態になっていて、ビールの品質悪化を防ぎ、適切な圧力や温度のコントロールが可能になっている。独自の加温・冷却システムが、発酵に適した温度管理をおこない、同時に発酵スピードを高める効果もある。

正確な温度、圧力管理に加え、光や酸素にさらされることを極力防ぐ構造になっているため、ビール品質の劣化を防ぐ。

利用方法はいたってシンプルだ。

まず、タンク内に冷やした麦汁、規定重量分の酵母を入れ、圧力蓋を取り付ける。発酵環境に合わせて、温度・圧力の設定をおこない、あとは酵母が働き、発酵が進むのを待つだけ。

・合理的な沈殿物排出システム

発酵が完了したら、タンク底部に設置されている“Sediment Removal System(沈殿物除去システム)”を作動させると、ユニットを開閉せずに、タンク内の沈殿物をそのまま排出することができる。おかげで、タンク内の適切に保たれた温度や圧力に影響を与えずに済む。

このタイミングで、“Liquid Injection System(液体注入システム)”を使い、好きなアロマやフレーバーを加える。この独自の仕組みが、光や酸素にさらされるのを防ぎ、美味しいビールを生み出す。

7日ほど経って完成したら、「Vessi」から直接、コップやビアマグに注ぎ込めば、手作りのフレッシュなビールをそのまま味わうことができるのだ。

・手間要らずでスピーディな醸造

これまでにも“自家製ビール製造器”はあったものの、製造期間が4週間ほどかかるものが多く、工程ごとに、温度管理をしっかりキープしたり、タンクを消毒したりせねばならず、いろいろ手間がかかっていた。

「Vessi」なら、酵母などの材料を入れたら、あとは基本放置しておくだけで、1週間後にはお手製ビールを飲むことができる。最小限の手間でよく、実にお手軽だ。

・Indiegogoで出資を受付中

現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を受付中。受付期間は残り24日ほどで、もうすぐ目標金額10万ドルに到達しそう。

残念ながら、日本では免許を持たないと1%以上のアルコールを発生させることは違法とみなされるが、醸造家にとって楽しみなアイテムだ。

Vessi

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP