ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

左目に痛み覚えた森本毅郎氏 検査結果は「右目が緑内障」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本人の失明原因第1位にもかかわらず、「緑内障」を自分とは縁遠い病気だと考える人は多い。だが、あの人もこの人も実は緑内障だった、と知ったらどうだろうか。緑内障患者である著名人の“闘病記”から学ぶ。

「かれこれ20年以上の付き合いになりますが、罹患したことが分かったのは本当にたまたまだったんです」

 こう振り返るキャスターの森本毅郎氏(76)は21年前、大学病院の眼科で緑内障と診断された。その時、既に右眼の視野の半分が欠けていたという。

 緑内障(開放隅角緑内障)は、眼と脳をつなぐ視神経の線維が減っていく病気で、減った神経が認識していた部分が見えづらくなり、ジワジワ視野が欠けていく。そして末期になるとほぼ全体が見えなくなり、目の前が真っ暗になってしまう。

 日本人の失明原因の第1位で、推定患者数は約400万人、40歳以上の20人に1人が発症しているとされる。森本氏は自覚症状は感じていなかったが、「今思うと、おかしかった」と感じた出来事があったと話す。

「メガネが合わなくなっていたんです。私は長年、信頼する技師に頼んで度数を合わせてもらっていた。ですが、調整してもすぐに合わなくなって、時々、ぼやけて見えることがあった」

 それでも日常生活に問題はなかったが、その後、左眼に重苦しい痛みを感じるようになったという。

「ラジオやテレビの仕事で体を酷使し続けて50代半ばになったから、身体のどこに無理が出てもおかしくない。そこで、眼科を受診したんですが、単に疲れ眼が原因だといわれました。ホッとして診察室を出ようとしたところ、お医者さんが『せっかくだから、この機会にしっかり検査をしましょう』という。そうして何気なく受けた検査で、痛かった左眼ではなく、実は右眼が緑内障だと分かったんです」

 いかに緑内障が自覚症状のない病気か、よく分かるだろう。

 緑内障の最大の問題は、欠けた視野は二度と回復しない点だ。そのため緑内障と診断されても、目薬や手術などで進行を抑制する以外の治療法はなく、患者は常に失明の恐怖に晒されることになる。

「治療を受けても元の視野に戻るわけではないから、正直、治療のモチベーションは上がらない。それでも、車を運転していて、ミラーで後ろを確認する時、本来なら見えているはずのものが見えていないのではないかと不安になるんです」

 そう語る森本氏は、進行具合を確認するため、見える範囲を調べる「視野検査」を定期的に受けてきた。

「検査を受けるたびに視野が欠けている部分が広がっている。それを見るのが怖い。今は右眼が進行しているだけでなく、問題なかったはずの左眼も緑内障を発症して4割ほど視野が欠けてしまった。

 そこまでくれば、さすがに日常でも見える範囲が狭まってきたのを感じる。特にテレビの字幕に視線を持っていくと、上の映像が見えなくなる時が仕事柄つらいですね。今は何とか水際で止めているけど、ある日突然、眼のシャッターが下りたままになってしまうのではないかという恐怖は常にあります」(森本氏)

※週刊ポスト2016年6月17日号

【関連記事】
緑内障急増 7割が正常眼圧で視神経障害を来している
6点以上だったら要眼科検診 「緑内障チェックリスト」
40才以上の5%がかかる緑内障 進行するまで自覚症状なし

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP