ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

文化大革命の50年目報道で朝日新聞と産経新聞の論調に混乱

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 新聞にはそれぞれ論調があり、一つの事象を伝えるにも右派や左派などそれぞれのポリシーがあらわれる。ところが、開始から今年で50年目を迎えた中国の文化大革命の報じ方に混乱が見えたと評論家の呉智英氏が指摘している。そもそも右派・左派という区分は意味があるのか、なぜ混乱が起きているのかについて呉氏が解説する。

 * * *
 今年は支那全土を殺戮と破壊の大動乱に巻き込んだ文化大革命開始から50年目に当たる。文革は10年続き、その間虐殺された人の数は、支那当局の発表で40万人、研究者によっては1千万人にものぼるとされる。

 文革勃発は5月16日であったため、日本の新聞もここ数日検証記事を載せている。面白いことに、革新系の朝日新聞と保守系の産経新聞の同じ18日の北京支局員記事が、同じような混乱を見せている。といっても、今さら文革支持のはずもなく、文革批判では当然一致しているのだが、現地の動きの報じ方に混乱が感じられる。

 まず、朝日新聞。

 共産党の「この日の論評は『文革を巡る左派(保守派)や右派(改革派)の妨害を断固防がなければならない』と訴えた」

 かっこ内の注記は原文のままである。つまり、左派というと革新派のように思う読者がいるかもしれないけれど、左派は保守派ですよ、右派というと保守派と思うかもしれないけれど、右派は革新派ですよ、という注がついているのだ。「右派(革新派)」ではなく「右派(改革派)」と小細工がしてあるのはご愛嬌。だが、革新派だろうと改革派だろうと、英語ならreformistで、全く同じだ。

 次は、産経新聞。

「文革を懐しむ左派の活動」
「保守系政治団体が主導するデモ行進」
「文革当時の同じ現象が復活しつつあることを警戒する改革派と、文革時代を肯定する保守派が対立している」

 産経も朝日と同じように、革新派と書くとまずいと思って改革派としている。そして、左派は保守派、右派は革新派。これも同じ。

 さて、そうすると、革新系の朝日新聞は右派、保守系の産経新聞は左派、ということになるではないか。両記事とも、それが分かっているからか、微妙なとまどいが感じられるのだ。

 マスコミのこの混乱は、既に1989~1991年のソ連・東欧社会主義の崩壊時に見られた。賃金値上げと福祉の実現を訴えてデモ行進する社会主義者が保守派、そういう社会主義者の運動を警察力で弾圧する勢力が革新派。

 この混乱を回避するには、政治思想を抜きにして体制派・反体制派と言えばいいような気がするが、これでも駄目である。スペイン内乱時、右派のフランコたちは反体制派だった。日本の二・二六事件の反乱軍は右派ではあるが体制派とも反体制派とも言えない。天皇親政を主張したからである。

 右派・左派という区分は、フランス革命に始まった。自由・平等の革命の理念をさらに進めるのが左派、それに賛成しないのが右派。保守・革新もほぼこれに対応している。

 自由と平等を徹底的に進めたのが支那文化大革命であった。それが左派であり保守であるとして混乱が起きているとするなら、自由と平等という根本原理の意味を問いなおさなければならない。

●くれ・ともふさ/1946年生まれ。日本マンガ学会前会長。著書に『バカにつける薬』『つぎはぎ仏教入門』など多数。

※週刊ポスト2016年6月17日号

【関連記事】
政策語る前に「保守かリベラルか」で論争の民主党に苦言あり
日本統治時代を評価した韓国の歴史教科書に韓国左派猛烈妨害
韓国反日団体 NHK会長お面被り慰安婦像謝罪パフォーマンス

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP