ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

root端末用のROM焼きアプリ「FlashFire v0.50」がリリース、ベータテストが終了し一般公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

yAndroid デベロッパーの ChainFire 氏が root 端末向けの ROM 焼きアプリ「FlashFire」について、Google Play でのベータプログラムを終了し、一般公開しました。FlashFire は Mobile Odin の進化版として知られるアプリで、リカバリでの操作不要で Samsung デバイスや Nexus デバイスなどにカスタム ROM やカスタムカーネルなどを導入することができます。アプリは 2015 年 4 月より Google Play のベータテストプログラムの中で配布されていたので、利用するには同プログラムに参加する必要がありましたが、ようやくベータテストプログラムが終了し、一般公開されました。FlashFire の一般公開に合わせて、アプリは v0.50 にアップデートされています。このバージョンでは Android N Developer Preview 3 のサポート問題を改善しています。「FlashFire」(Google Play)

■関連記事
エレス、鉢植えのようなデザインを採用した独創的なBluetoothスピーカー「emoi Smart Leaf Speaker(H0021)」を発売
doubleTwistの「CloudPlayer」でラジオのCastが可能に
Android Tips : Androidのカメラを誤操作で停止しないようにする方法

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP