ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

寿司屋で味わう洋食

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月3日放送の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系、午後15時50分~)では、本業とは全く違うジャンルの異色グルメが用意された料理店を特集。リポーターの田川聡子さんが、とげぬき地蔵尊のすぐ近くにある「鶴すし」(東京都豊島区)を訪れた。

築地で仕入れた旬のネタを中心に巣鴨で営業しているこのお店。しかし、寿司より人気の意外なメニューがあるという。お客さんの反応は「ちょっと珍しいですよね。見たことあんまりないですね」「家ではなかなか入れようとは思わない」と笑っている。
田川聡子さんに出されたのは「すし屋のコロッケ」。白いお皿に2個のコロッケが置かれ洋食屋のメニューみたいだ。大口でかぶりつき、味わうとびっくりし「シーフードのクリームコロッケ?」と不思議がる。なんとこのコロッケ、寿司ネタを使ったクリームコロッケだという。「カニの身の感じもありますし、白身魚の身の雰囲気もありますね」とコメント。
握りでも使えるホタテ・タコ・白身・イカ・エビ・カニなど6種類以上の新鮮なネタを使用し、味が均等になるようミキサーですり下ろし作っているそう。店主は「この中でもマグロとかだと臭みが残っちゃったりとか、その時期で仕入れるネタが違うので毎回同じものではない」と語った。

他にも、赤貝のヒモ、海老、イカなどが入った「魚介たっぷりグラタン」。ウニがのった「ウニガーリックトースト」。「つぶ貝のエスカルゴ風」など提供している。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:和風創作料理 鶴すし (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:巣鴨のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:寿司(すし)のお店紹介
ぐるなび検索:巣鴨×寿司(すし)のお店一覧
偶然の産物「つゆ焼きそば」
赤字覚悟の数量限定どんぶり「まぐろ屋王様丼」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP