ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

偶然の産物「つゆ焼きそば」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月5日放送の「遠くへ行きたい」(日本テレビ系、午前06時30分~)では、青森県・青森~白神山地をめぐる旅のコーナーで、山中崇さんが「妙光食堂」(青森県黒石市)を訪れた。

江戸時代に商業の街として栄え、今でも古い商家や歴史的な建物が数多く残る黒石市にある食堂。

山中崇さんが「元祖つゆ焼きそばというのはどういうものなんですか?」と尋ねると、店主は笑いながら「食べればわかる」と答えた。
キャベツ、もやし、豚肉などを中華鍋に入れたっぷりのソースでそばと一緒に炒め、それをラーメンのスープの中に入れたお店の名物「つゆ焼きそば」を食べて、山中崇さんが「焼きそば!スープがあるから、ちょっとほっとしますね」「甘酸っぱいソースに合わせて鶏ガラスープはあっさり、もちっとした平打ち麺にスープが絡みくせになりそうな味」とコメント。

「焼きそばの皿が出てなくて、ラーメンのスープが入った丼に入れて後で食べてみたら美味しかったので新メニューとして出した」と店主がつゆ焼きそば誕生の秘密を語った。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:お食事処 妙光(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:黒石・平川のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:カフェ・スイーツのお店紹介
ぐるなび検索:黒石・平川×カフェ・スイーツのお店一覧
偶然の産物「つゆ焼きそば」
赤字覚悟の数量限定どんぶり「まぐろ屋王様丼」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。