体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「お前は川で拾ってきた」は昭和のしつけあるある?

北海道で小学生が「しつけ」として山に置き去りにされ行方不明となり、6日後に無事発見されたニュース。

山に置き去りは流石にしつけとしてやり過ぎでしかありませんが、でも無事に発見され男の子は両親との関係をうまく修復しつつあるようす。毎日新聞の報道によると、「辛い思いをさせてごめんな」と謝罪した父に対し男の子は「お父さんは優しいから許すよ」と答えたと伝えられています。なんだかんだと元は仲の良い親子のようですね。

【関連:子育てに悩む親たちから「子は親の鏡」がじわじわ再注目】

叱るお母さん

■昭和のしつけあるある?「お前は川で拾ってきた」

さて、今事件では事件内容はもちろん改めて「子供のしつけ」も注目されています。
当編集部では、事件をただただ見守る中で、自分達の子供の頃(全員昭和です)のしつけについてこんな話題が出ていました。

「よっぽどヤンチャしすぎた時に“お前は川で拾ってきた”と言われたのがこたえた」

あんまりにも言うことを聞かないと、昔はこうした冗談を言ってお灸を据えられたのです。

言われた側は小さければ小さいほど信じて号泣。あまりにショックで数日は大人しくしていた。なんて編集部員も。
部内だけでも3人ほど経験者がおり、どうやら「昭和のしつけあるある」のようす。拾われた場所だけ「橋の下」「箱に入って川から流れてきた」と少しずつ違っていました。

このしつけも今で言う「精神的虐待」の一つかもしれませんが、言われた口の筆者の場合は、父親が若い頃からハゲちらかしていたので、言われた瞬間ややガッツポーズ。「お父さんみたいにハゲないってことだね!」なんて口がすべり、固い拳固をくらいました。理不尽……。

他にも、夢見る夢子な気質の少女時代だった部員の場合は、毎晩寝る前に窓から星を見上げて「本当のお父さんお母さんはいずこ」「もしかしたら実は超お金持ちの子供なのかも」なんて違う方面に期待してお祈りしていたなんて話も。

橋の下

■意外と経験者が多い「プチ置き去り」

他にもしつけと言えば、山の中に置き去りにされた経験こそありませんが、外出時にわがままをすると親がすたすた先を歩きだし、だだをこねて一歩も動かない筆者を離れたところで身を隠し覗いていたという経験は多々あります。デパートや街中での「プチ置き去り」ですね。

山と街。場所こそ違うだけで意外にこれは経験者が多く、ネットでも「デパートで親が隠れてた」「街中で~」なんて声が。これは昭和に限らず割と今でも行われているようです。

置いてけぼりのイメージ

■言われると半泣きになる「家から出て行きなさい」

宿題をしなかったり中々言うことを聞かない時に言われた「(家から)出て行きなさーい!!」。
追い出されると切なくなるんですよね。夜だったりするとギャン泣きです。ネットで調べてみたところ、これも今でも割と経験者はいるようです。

ちなみに筆者の場合ですが、数回されるとなれてしまい、ある時宿題せずに遊んでいたことで怒られ「出て行きなさーい!」。素直に「ごめんなさい」して戻る気になれず家が見えるところに隠れてどうなるか見ていたことがありました。

出されたのは夕方でしたが、隠れる内徐々に日が暮れ、あたりは暗くなり。勿論親は探し始めます。素直に出て行けば良いのだけれど、追い出されたことが頭にきて見つからないよう見つからないよう逃げ隠れ。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。