ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

歴史と自由が融合する「ベルリン」の観光スポット7選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドイツの観光地の1つとして、人気が高い『ベルリン』。

フランスのパリやイタリアのローマなど、華やかでオシャレな街として知られる他のヨーロッパの都市よりは、観光地が少ないイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?

しかしベルリンには、自由な雰囲気が漂い、それでありながら歴史を感じさせる魅力的なスポットが数多くあります。

今回は、そんなベルリンを訪れる際には絶対欠かせない観光スポットを7カ所ご紹介します。

 

ブランデンブルク門

オザキアサミさん(@___0asamiii)が投稿した写真 – 2014 12月 12 6:56午前 PST

ベルリンとドイツの再統一のシンボルと言われ、観光スポットとして人気を集める『ブランデンブルク門』。

アテネにあるアクロポリス神殿の入口門をモデルにしています。ドイツが東西に分断された時には、門の正面に壁が立てられ、閉ざされていました。

ですが壁の崩壊とともに、再び門が開いたと言います。今では誰もが自由に行き来できます。
■詳細情報
・名称:ブランデンブルク門
・住所:Pariser Platz, 10117 Berlin, ドイツ
・アクセス:[Uバーン][Sバーン]Brandenburger Torから徒歩約2分
・公式サイトURL:https://ja.wikipedia.org/wiki/ブランデンブルク門

 

連邦議会議事堂

M▲KIさん(@makironj)が投稿した写真 – 2015 12月 24 1:57午前 PST

『連邦議会議事堂』はドイツの国会で、建物内へ入場するには、予約とパスポートが必要です。

予約は、インターネットまたは国会前にあるチケットセンターで行いましょう。人気なので、できるだけ事前に予約しましょう。

屋上には高さ23mの美しいガラスドームがあり、らせん状の階段を上りながら見学できます。
■詳細情報
・名称:ドイツ連邦議会議事堂
・住所:Platz der Republik 1, 11011 Berlin, ドイツ
・アクセス:Uバーン55 Bundestag駅から徒歩3分。ブランデンブルグ門からは徒歩9分
・営業時間:8:00-24:00
・電話番号:+49 30 22732152
・公式サイトURL:http://www.bundestag.de/kulturundgeschichte/architektur/reichstag/

 

カイザー・ヴィルヘルム記念教会

Wilhelm Jacobさん(@bolleephoto)が投稿した写真 – 2016 5月 21 3:48午後 PDT

『カイザー・ヴィルヘルム記念教会』は、ベルリン大空襲の被害に合ってしまったため、まるで廃墟のような外観をしています。

しかしながら、戦争の悲惨さを伝えるためにも、現在でも最低限度の修復をするだけにとどめているそうです。
■詳細情報
・名称:カイザー・ヴィルヘルム記念教会
・住所:Breitscheidplatz, 10789 Berlin, ドイツ
・アクセス:Sバーン5号、7号、75号線 / Uバーン9号、12号線Zoologischer Garten駅(動物園駅)
・営業時間:9:00-19:00
・公式サイトURL:http://www.gedaechtniskirche-berlin.de

 

テレビ塔

Teresa Bizarreさん(@mademoiselle_tee_)が投稿した写真 – 2016 5月 29 1:52午前 PDT

高さ368mを誇り、展望台からベルリンの街を一望することができる旧東ドイツのテレビ塔も、観光スポットとして人気です。

また展望台の1つ上のフロアにはレストランがあり、景色だけでなく食事を楽しむこともできます。
■詳細情報
・名称:ベルリンテレビ塔
・住所:Panoramastraße 1A, 10178 Berlin, ドイツ
・アクセス:Uバーン / Sバーン / またはバス100番でalexander platzへ
・営業時間:9:00-24:00
・電話番号:+49 30 247575875
・公式サイトURL:https://tv-turm.de/en/index.php

 

ベルリン大聖堂

김선웅さん(@plateing)が投稿した写真 – 2016 6月 1 1:53午前 PDT

1905年、ドイツ皇帝ウィルヘルム2世により改築され、現在の姿になった『ベルリン大聖堂』。

バロック様式のプロテスタント教会として非常に有名で、その迫力あるドームを一目見ようと、毎年多くの観光客が訪れる人気スポットとなっています。
■詳細情報
・名称:ベルリン大聖堂
・住所:Am Lustgarten, 10178 Berlin, ドイツ
・アクセス:100、200、TXL番のバスでLustgarten下車すぐ
・営業時間:月曜-土曜は9:00-20:00 日曜、祝日は12:00-20:00
・公式サイトURL:http://www.berlinerdom.de

 

ペルガモン博物館

Gaya Organistaさん(@iamchucktheboss)が投稿した写真 – 2016 4月 18 3:22午前 PDT

ベルリンを観光するのであれば、『ペルガモン博物館』は外せません!古代ギリシャや古代中東の美術など、世界有数のコレクションを誇る博物館です。

博物館の目玉である『ゼウスの祭壇』や、『イシュタール門』など、素晴らしい展示品の数々に、時間を忘れて楽しむことができるはず。
■詳細情報
・名称:ペルガモン博物館
・住所:Am Kupfergraben 5,10117 Berlin-Mitte
・アクセス:Friedrichstrasse駅下車徒歩15分
・営業時間:火曜日~日曜日10:00~18:00(木曜日~22:00)
・定休日:月曜日
・電話番号:+49 30 – 2090-5577
・料金:大人6ユーロ、子供3ユーロ
・公式サイトURL:http://www.smb.museum/museen-und-einrichtungen/pergamonmuseum/home.html

 

イースト サイド ギャラリー

PHOTOS by Nat Sakdatornさん(@natexplorer)が投稿した写真 – 2016 6月 2 3:09午前 PDT

シュプレー川沿いに現存する最長のベルリンの壁『イーストサイド・ギャラリー』。

壁が崩壊した後、世界各国のアーティストがそこに絵を描いた、文化財として保存されている貴重なオープン・ギャラリーです。

ベルリンに来てこの場所を知らないという人はいないくらい有名で、外せないスポットです。
■詳細情報
・名称:イーストサイド・ギャラリー
・住所:Mühlenstraße, 10243 Berlin, ドイツ
・アクセス:Warschauer Str.またはOstbahnhof、Schlesisches Tor下車すぐ
・営業時間:終日開放
・公式サイトURL:http://www.eastsidegallery.com/

 

ベルリンにはワクワクがいっぱい!

他のドイツの都市とは、一味雰囲気が違うベルリン。若者やアーティストが多く住んでおり、街を歩くだけで楽しい気分に浸れます。

世界でも珍しく、東西に分裂された歴史を持ち、当時の歴史的建造物などもとても興味深いです。

皆さんも、ぜひベルリンを訪れ、その自由な雰囲気をご自分の肌で感じてみてくださいね。

関連記事リンク(外部サイト)

第6話【最幸なひとときをサッカーと共に】ドルトムント香川真司の活躍に現地サポーターと熱狂!
その数なんと5000種類!元在住者が教えるおいしいドイツビール4選!
ドイツ旅行ならここに行こう!ドイツ全土からマイナーめな観光スポット8選
世界最大のビールの祭典!ドイツの「オクトーバーフェスト」をご紹介

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。