体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

歴史と自由の融合「ベルリン」の観光スポット16選

歴史と自由の融合「ベルリン」の観光スポット16選

ドイツの観光地の1つとして、人気が高い『ベルリン』。フランスのパリやイタリアのローマなど、華やかでオシャレな街として知られる他のヨーロッパの都市よりは、観光地が少ないイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?

しかしベルリンには、自由な雰囲気が漂い、それでありながら歴史を感じさせる魅力的なスポットが数多くあります。今回は、そんなベルリンを訪れる際には絶対欠かせない観光スポットをご紹介します。

*編集部追記
2016年6月公開の記事に、新たに5スポット追加しました。(2017/08/29)

 

ベルリンを訪れたときの感想・印象

Photo by 新田浩之

私は2011年1月にベルリンを訪れました。1月だったので、とても寒かったのを覚えています。といっても、0度前後だったので「ものすごく寒い」ということはありませんでした。

私がベルリンで覚えているのはホステルでの出来事です。旧東ベルリンのホステルに泊まりましたが、スタッフがとても親切でした。夕食になると、皆でちょっとしたパーティーをやったことは今でもいい思い出です。ドイツ人は一見怖そうに見えますが、観光客を温かくもてなしてくれます。

 

観光する際のアドバイス

Photo by 新田浩之

トルコ人が多く住むノイケルン地区は注意したほうがいいでしょう。他のベルリンの地区とは異なり、少し殺伐としています。ただ、基本的な注意点を守れば問題なし。ドイツにいながら、中東の文化が楽しめます。

私が訪れたときは全くテロの心配はありませんでした。しかし、現在のドイツはテロの脅威にさらされています。テロに遭遇した場合にどうすればいいか、旅行前にしっかりとシュミレーションすることをオススメします。

 

オススメスポット

Photo by 新田浩之

ベルリンにはユニークな博物館がたくさんあります。その中でオススメしたいのが「DDR博物館」です。

「DDR」とは社会主義国であったドイツ民主共和国(東ドイツ)のことを指します。資本主義国とは異なる違う社会が垣間見られます。特に東ドイツ製の車「トラバント」は必見ですよ。

「東ドイツ」と聞くと暗いイメージがありますが、この博物館はバランスよく東ドイツを紹介しています。
■詳細情報
・名称:DDR博物館(DDR Museum)
・住所:Kari Liebknecht Strasse 1, 10178 Berlin
・アクセス:Sバーンハッケシャー・マルクト(Hackescher Markt)駅から徒歩約10分
・営業時間:10:00~20:00(土曜日は22:00まで)
・定休日:なし
・電話番号:(030)847123731
・料金:大人9.5ユーロ
・所要時間:1時間
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.ddr-museum.de

 

1.ブランデンブルク門

ベルリンとドイツの再統一のシンボルと言われ、観光スポットとして人気を集める『ブランデンブルク門』。

アテネにあるアクロポリス神殿の入口門をモデルにしています。ドイツが東西に分断された時には、門の正面に壁が立てられ、閉ざされていました。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。