体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あなたは“ホンモノの出汁”を知っているか? プロが教えるチョー初心者向け「かつお節&かつお出汁」入門

あなたは“ホンモノの出汁”を知っているか? プロが教えるチョー初心者向け「かつお節&かつお出汁」入門 f:id:Meshi2_Writer:20160507115613j:plain

こんにちは。家に冷蔵庫の無いメシ通レポーターの塩月です。最近、和食に欠かせない「出汁(だし)」に注目が集まっていますね。

ひとくちに「出汁」といっても昆布、椎茸、煮干しなど、素材は様々ですが、中でもやはり主流はかつお節。最近はスーパーの棚を見ても「プレミアム」に「本枯(ほんがれ)節」、「何々製法」とうたい文句が増えているように感じます。

とはいえ、恥ずかしながら「かつお出汁」が美味しいものだと、はっきり認識したことがありません。おそらく常温保存がきく食材ですし、ここは一つ、かつお節の専門家に美味しい「かつお出汁」の取り方を聞いてきました!

プロ中のプロ、かつお節問屋「タイコウ」

話をうかがったのは、東京都・晴海にあるかつお節の荷受け問屋「タイコウ」の二代目、稲葉泰三さんです。

f:id:Meshi2_Writer:20160507120532j:plain

稲葉さん、かつお節について教えてください!

いいよ。しかし日本人ってのは、かつお節のこと、実は何にも知らねえんだよなあ。(稲葉さん)

より多くの人にかつお節の歴史や現状、出汁の取り方について知ってもらいたいと、全国各地で「出汁教室」を行っている稲葉さん。この春からは月に1度、自社でも教室を始めました。

f:id:Meshi2_Writer:20160507120705j:plain写真は2016年3月上旬に行われた「出汁教室」の様子。皆さん、興味深々!

料理人から味にうるさい一般の方まで、全国に幅広い顧客を持つ「タイコウ」。

取材に訪れた日は、それぞれのお客さんの好みに合わせたかつお節の選定作業の真っ最中でした。半年から1年ほどかけて、何度も何度も選定を繰り返すそうです。

f:id:Meshi2_Writer:20160507120810j:plain

出ました、かつお節!! いよっ!

f:id:Meshi2_Writer:20160507120855j:plain
1 2 3 4 5 6 7次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy