ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

3秒で折りたたみ可能!最高時速35キロの電動バイク「A-one」登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

折りたたみ自転車のメリットは、ポータブル性。車のトランクや電車などに乗せて移動し、必要な時に広げてこぐだけ。

そうした利便性をそのままに、そしてこぐ労力もなくしたのが折りたたみ式電動バイクだ。このほどクラウドファンディングサイトKickstarterに登場した「A-one」は、3秒で折りたためるという扱いやすさが売りだ。

・自立設計で場所とらず

コンパクトに折りたためると持ち運びに便利だが、いざしまう時たたむのが大変というのはよくあること。A-oneではそうした手間を最小限にしている。

というのも、A-oneは折りたたむのにわずか3秒しかかからない。もちろん、折りたたんだ状態から乗れるようにするまでも簡単で、前輪・後輪部分のボディとハンドルを開くだけとシンプルだ。

しかも折りたたむと自立するように設計されているので、ロッカーや物置、駐車場、オフィスの片隅などに置く時、スペースを取らないのもうれしい。

・1回の充電で45キロ走行

また、A-oneは時速35キロまで出るので、自転車よりラクをしながら素早く移動できる。バッテリーは充電式で、航続距離は最長45キロ。

重さは16.5キロとややあるので、持ち歩くのではなく通勤に使ったり、車のトランクに積み込んで旅先でのちょっとした移動に活用したりするのに良さそう。

ただし、日本の公道で走るには原付の扱いとなり、免許はもちろんナンバープレートの取得も必要だ。

・スマホアプリでルートチェックも

また、A-Oneはスマホと連携し、専用アプリで走行距離やスピード、走行ルートなどをチェックできるようになっている。

開発を手がけた香港拠点のスタートアップCoswheelは現在、量産へ向け、Kickstarterで資金を調達中。今なら869ドル(約9万3000円)の出資で入手できる。出資期限は6月30日。

Coswheel/Kickstarter

https://ksr-video.imgix.net/projects/2259013/video-669307-h264_high.mp4

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP