ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

京都に出現した、クラフトビールを楽しめる「町家バー」がクール!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボレーション、あなたはもう体験しましたか?

京都に新たな名所が誕生

ここは、2016年5月8日にオープンしたばかりの話題の店「BEFORE9」。古い町家を再生し、日本の手作りの酒を楽しむ場を提供したい。そして、世界中の人たちが自然と輪をなし繋がっていってほしい──。そんな思いから始まったのだそう。

古い梁、壁、屋根はそのままに、新しくデザインを加えたスタンドスペース、カウンター、テーブルがイイ味を出しています。

壁に設置された
サーバーがカッコイイ…

注目は、壁に設置されたこれらのサーバー。無機質な壁と段々長くなっていく8本の取っ手、そしてカラフルなクラフトビールがフォトジェニックですよね。

地元京都はもちろん全国から集められたクラフトビールが、常時8種類用意されている模様。内容はその時々で多少変わるそうなので、訪れるタイミングによって新しい一杯が楽しめるかも!

どちらかというとオフィス街の印象がある烏丸御池で、25時まで営業しているのは嬉しいかぎり。オープンしてまだ約1ヶ月。知っておくとかなり便利で、ちょっと気取れる、絵になる町家バー。ぜひ、足を運んでみては?

【店舗概要】
BEFORE9
・住所:京都市中京区烏丸御池上ル二条殿町545
・電話:075-741-6492 
・営業時間:17:00〜25:00
・定休日:不定休

Licensed material used with permission by BEFORE9,nakakato

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP