体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【池澤あやか勉強部】もしもPepperが金融マンになったら!?「Mizuho.hack」に潜入してみた

みずほ銀行の主催する「Mizuho.hack」に潜入!

2015年7月にみずほ銀行に入行した新米金融マンのPepper。

そんなPepperと一緒に「全く新しい『銀行』というサービスを創る!」というのが、今回のハッカソンのテーマです。

なので会場に入ってみるとたくさんのPepperたちが出迎えてくれました!

▲いくらなんでもたくさんいすぎ!Pepperたち ▲Pepperに囲まれちゃいました!

今回の「Mizuho.hack」では、85名18チームの参加者に対し、Pepperが20人という贅沢っぷり。このPepperを使って、実質作業時間12時間(寝なかったら26時間)で何かを作りあげなくてはいけません!

ちなみに、服を着てるPepperもいました。(余談ですが、これはロボット専用の服を作っている会社が制作したものらしい。そんなのあるんですね…!)

私自身もハッカソンに時々参加者として参加するのですが、今回のハッカソンの面白いところは、1チームに1人Pepperいる贅沢な環境であることはもちろん、「どんなかたちで開発しても構いません」というところ。

リモートで開発してくれる人がいてもOKだし、なんなら海外アウトソーシングもできてしまうということです…!私もハッカソンで一度は贅沢に海外アウトソーシングしてみたい!!

早速プレゼンテーション開始!

この日はみなさん15時までに開発を終え、16時からプレゼンテーションが始まりました。

発表は一発勝負の5分間プレゼンテーションです。ハッカソンのデモ発表には魔物が潜んでるので(通信が必要なものやガジェット系は特に!)、デモはなかなか緊張感がありました。

事前に動いてるものが動かないなんてこともよくあります…。失敗した時のために事前に動画とか撮れればいいのですが、いかんせんハッカソンは時間がないのでカンペキに準備するのも難しいんですよね。

そのプレゼンテーションを見て、審査員は「斬新性」「継続性」「完成度」「活用度」の4つの軸で評価します。

▲私も恐れ多くも審査員として参加しました!

参加したのは全部で18チームだったのですが、この記事では印象に残った5チームを紹介したいと思います。

女子高生対象の株学習アプリ「GreatTeacherPepper」

チーム「PepperInvestmentSchool」が制作したのは、女子高生が友達感覚で話しかけられるような株にくわしいPepper先生。高校の教室に置いてあり、フランクに株について教えてくれます。

なんとLINEでもこのPepper先生と友達になることができ、株取引のシュミレーションをすることができます。

Pepperのしぐさも女子高生っぽく仕上げてあり、可愛らしかったのもとても好感が持てました!

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。