ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画「裸足の季節」は女子版「マッドマックス」!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE日曜朝6時からの番組「WONDER VISION」(ナビゲーター:平井理央)のワンコーナー「ENASAVE SOCIAL EVENT & MOVIE TIPS」。6月5日のオンエアでは、今年のアカデミー賞でフランス映画代表として外国語映画賞にもノミネートされた、フランス・トルコ・ドイツ、3ヵ国の合作映画「裸足の季節」を紹介しました。

物語の舞台は、トルコの小さな村。子どもの頃に両親を亡くして、おばあちゃんの家で暮らしている、思春期の5人姉妹が主人公。女性の社会進出には、かなり保守的と言われているトルコですが、「キズモノになってしまうと結婚できない」と言われて、家の中に閉じ込められてしまった5人の姉妹は、携帯電話も化粧品も没収されて、窓には柵までつけられてしまいます…。

そして姉たちは、一人また一人と、会ったこともない男性のもとへと嫁がされていきます。そんな中、末っ子のラーレは、自由を求めるために、脱出を企てる…というストーリー。

オンエアでは、この「裸足の季節」の宣伝を担当している伊藤さやかさんに、見所を伺いました。「見方によっては脱出劇なんです。極端に言ってしまえば、女性が自ら解放に向かうという意味では、『マッドマックス 怒りのデスロード』にも、かなり通じるものがあると思います」と伊藤さん。

若いときの親や先生に対する反抗期は、誰にでもあると思いますが、この映画で描かれているのは、よくある青春時代の「反抗期」というものではなく、古い慣習など自分に押し付けられているルールに対して、「NO」を突きつけ、自分で自分の道を切り拓いていくというメッセージ性があるので、どんな人生の段階にいる人でも、共感できるポイントがあるそうです。

「自分でこうしたいと思ったことに対して一歩を踏み出す勇気をくれる映画なので、
どんな方にでも、心からオススメできる映画です」(伊藤さん)

映画「裸足の季節」は、6月11日(土)から、シネスイッチ銀座、恵比寿ガーデンシネマ他、全国の映画館で公開。ストーリー展開はもちろん、美人ぞろいの5人姉妹や美しい映像にも注目です♪

【関連サイト】
「WONDER VISION」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/wondervision/

レオ様、新作映画は「映画史に永遠に残る芸術作品」(2016年04月24日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/post-1444.html

コメディ×宗教? 映画「神様メール」がとんでもない(2016年05月28日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1660.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP