体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大切な人を大切にできる力を身に付けるために——「理想の生き方をデザインし続ける」彼女が選んだ道とは

「人に優しく、自分に厳しく」。それは多くの人が目標に掲げていても、たやすくはないこと。人としての成長を望んだとき、必要になってくるのはあえて自分を厳しい環境に置く、心の強さ。そんな考え方は、どうやって生まれたのでしょうか。島村真由美の言葉から、その一端に迫ります。

f:id:carraria:20160530171840j:plain

島村真由美(しまむら・まゆみ) 

都内の女子大学を卒業後、2008年に新卒で株式会社リクルートキャリア(当時リクルートエージェント)に入社。入社後は営業や企画などを経験し、入社6年目の時に全社トップの営業成績を達成し表彰を受ける。現在は営業部門のユニットリーダーとして、若手の成長を支援する傍ら、プライベートでフード&テーブルコーディネートを学び、レストランやホテルのスタイリングを手掛ける。「大切な人を大切にできる力を身につける」ことが人生の目標。

「これからは女の子も働く時代」―祖父の言葉が原点に。

f:id:carraria:20160530172511j:plain

「大切な人を大切にできる人になること」。それが私にとっていちばん大事なことです。一度きりの人生、私自身はもちろん、私の周りの人にも豊かな人生を送ってほしいと思っています。そして人生の中で多くの時間を過ごす会社も、自分の願いを叶えられる場所。私にとってはリクルートキャリアがそんな存在です。

幼い頃は父の仕事の都合で全国各地を転々としていました。「転校生」と言うとなんとなく「なかなか友達ができにくい」イメージがありますが、私は行く先々でたくさん友だちに恵まれました。両親には「苦手なことを作らないように」とそろばんや絵画、水泳にスケート、ピアノ、剣道など、毎日2つずつ教室をハシゴするくらいいろんな習い事に通わせてもらったので、仲良くなるきっかけを作りやすかったからなのかもしれません。両親には本当に感謝しています。

けれどもどこかで「これは親によって与えられた環境だ、自分で生きていく力をつけなくては」という思いもありました。しかし、「女の子は苦労なんてするものじゃない」と、親に入学を許されたのは祖母の母校である女子大学だけ。「就職活動もしなくていい」とまで言われる厳格な教育方針の両親のもとで育ちました。

一方で、ずっと心にあったのは、幼い頃から繰り返し言い聞かされてきた祖父の言葉。「これからは女の子も働く時代。学問を身につけ、英語を話せるようになりなさい」。いつからか、それが「なりたい自分」になっていました。そして親の考えに逆行する自分の選択を、「正解」にしたいと考えるようになりました。

「どうしたら相手は喜んでくれるか、気持ちよく動いてくれるか」を考える日々

f:id:carraria:20160530172705j:plain

女子大に入学してからは、新聞社の学生記者に挑戦したり、イギリスの大学に留学したりしました。帰国してからは学生記者時代の取材先だったベンチャー企業で、社長秘書のアルバイトを始めました。この経験が今の私のベースを作ってくれました。

社長秘書としての業務は、商談や会食への同行、社長宛のメールや取材対応など。社長からの業務指示は特になく、常に自ら3歩先を考える必要がありました。「社長は中華、洋食、和食と続いているから、次の会食はイタリアンを予約しよう」「会食相手は誕生日が近いから、プレゼントを用意しよう」とか……「どうしたら相手がよろこんでくれるだろうか」と想像力を働かせる毎日でした。

1 2 3次のページ
carrariaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。