体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

愛知県安城市が誇る、玉子ふわトロのソウルフード「北京飯」ってナンだ!?

f:id:Meshi2_IB:20160520122228j:plain

愛知県はローカルフードの宝庫であることは『メシ通』読者のみなさんもご存じだろう。名古屋市内を中心に食べられているものは「名古屋めし」として注目を集めるが、市外が発祥のローカルフードは県内に住む人でも知らないほどマイナーな存在なのだ。

思わぬミスが「北京飯」誕生のきっかけに

愛知県西三河地方にある安城市に「北京飯」なるご当地メシがある。地元では知らない人はいないほど有名だが、名古屋や尾張エリアではまったくの無名。私も名前を聞いたことがある程度で食べたことがなかった。

f:id:Meshi2_IB:20160520121507j:plain

「北京飯」の全貌については後からのお楽しみとして、発祥のお店は新幹線の三河安城駅近くにオープンし、今年で創業55年を迎える「中国料理 北京本店」

f:id:Meshi2_IB:20160520121525j:plain

現在は三代目の店主、杉浦充俊さんが厨房で腕をふるう。

店名が「北京」だけに料理のジャンルは北京料理なのだろうか? だとすると「北京飯」も北京料理がベースなのか?

戦争に行っていた祖父が戦後、神奈川県川崎市で中華料理店を営んでいた兄弟のもとで働いていました。その店が「北京」という名前だったことから、同じ名前にしたそうです。(杉浦さん)

f:id:Meshi2_IB:20160520121540j:plain

7年ほど前にお店を改装して、外観も店内もレストランのような雰囲気だが、その前はどの町にもある大衆的な中華料理店だった。

「北京飯」が誕生したのは、開店してまだ間もない頃です。祖父がまかないで玉子料理を作ろうとしたところ、誤って別のタレを玉子の上にこぼしてしまいました。捨てるのももったいないと思い、食べてみたら美味しかったそうで、それが「北京飯」のヒントになったと聞いています。(杉浦さん)

ふんわりトロトロの玉子に、豚肉の唐揚げが!

おっと、話を聞いている間に厨房ではすでに調理が進行中。f:id:Meshi2_IB:20160520121649j:plain

これは豚肉を唐揚げにしているところ。

豚はヒレ肉を使っているのかと思いきや、脂身の少ない内モモ肉だそうだ。それに塩と醤油で下味をつけた後、溶き卵にくぐらせて、食感を良くするために小麦粉ではなく、片栗粉をまぶして揚げるのがポイントだとか。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会