ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カバー続々『木綿のハンカチーフ』は太田裕美の手離れた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 まずは、ランキングを見てほしい。

『ザ・ベストテン』(TBS系・1978年1月~1989年9月)が最高視聴率を記録した日のベスト10

【1】ハイスクールララバイ/イモ欽トリオ
【2】白いパラソル/松田聖子
【3】悲しみ2(トゥー)ヤング/田原俊彦
【4】守ってあげたい/松任谷由実
【5】もしもピアノが弾けたなら/西田敏行
【6】まちぶせ/石川ひとみ
【7】みちのくひとり旅/山本譲二
【8】もういちど思春期/郷ひろみ
【9】メモリーグラス/堀江淳
【10】ブルージーンズメモリー/近藤真彦

 このランキングは、歌番組『ザ・ベストテン』、1981年9月17日放送時のランキングだ。この後、長きにわたって音楽シーンを牽引していく歌手たちが綺羅星のごとく並んだこの日、番組は歴代の最高平均視聴率41.9%を記録した。当日見ていたという人、そして今でも全曲口ずさめる、という人も少なくないだろう。

 1980年代前半といえば、バブル景気前夜。日本が経済大国への階段をのぼっていたその時期に、テレビを彩っていたのが歌番組だ。「なめ猫」がブームとなり、『窓ぎわのトットちゃん』がベストセラーとなったこの年のNHK紅白歌合戦の平均視聴率は74.9%。トップバッターを、前年にデビューした河合奈保子(52才)と近藤真彦(51才)が務めるなど、誰もが新しい時代の到来を感じていた。

 私たちが今、懐かしさとともに口にする「歌謡曲」。実はその定義はあいまいで、ロックのように曲調に、民謡のように歌い手に共通点があるわけでもない多彩な曲が“歌謡曲”としてくくられる。

『1998年の宇多田ヒカル』(新潮新書)の著者で音楽ジャーナリストの宇野維正さんはその不思議な歌謡曲を「テレビやラジオといったメディアを通じて、幅広い世代の老若男女に聴かれる流行歌のことです」と説明する。

「その共通点は、作詞作曲は専業の作家が行っていて、それを歌手が歌っているということ。それが、歌謡曲です」

 その歌謡曲が最近、当時の輝きを知る人の間では再びのブームとなり、若い人にとっては新鮮なものとして捉えられている。

 いきものがかり、May J.、椎名林檎、桑田佳祐…年齢もジャンルも異なる錚々たるアーティストが、ある大ヒット歌謡曲をカバーしている。1975年に太田裕美(61才)が歌った『木綿のハンカチーフ』だ。作詞は松本隆、作曲は筒美京平という歌謡曲のゴールデンコンビが作ったこの歌は、これまでに60名以上の歌い手にカバーされている。

「この曲はすでに、太田裕美の手を離れていると感じます」

 そう話すのは、太田自身だ。

「今でもこの歌を好きだと言ってくださる人は多いですし、若いかたの中にもこの歌だけはカラオケで歌えるという人がいるんです」

 この5月、原田知世(48才)が新たにこの曲をカバーした。『木綿のハンカチーフ』も収録されたアルバム『恋愛小説2~若葉のころ』は、オリコン週間ランキング4位(5月23日付)となり、話題を呼んでいる。

「原田のアルバムがトップ10入りしたのは18年8か月ぶりです。原田と同じ世代の40、50代で、アルバムでカバーした1970~1980年代の歌謡曲に懐かしさを感じている人もいらっしゃいますし、原曲を知らない若い世代のかたにも買っていただいています」(ユニバーサルミュージックのアルバム制作担当者)

 歌謡曲回帰の動きはまだまだ続きそうだ。桑田佳祐(60才)が6月25日に「偉大なる歌謡曲に感謝」と題して番組を放送。巷でもタワーレコード新宿店はすでに人気の1980年代のアイドル歌謡曲コーナーをさらに拡張する予定だという。

 2016年を生きる私たちは、ますます当時胸を熱くした歌謡曲に心魅せられることになりそうだ。

※女性セブン2016年6月9・16日号

【関連記事】
クリス松村が独自視点で綴ったアイドル論 特典商法に警鐘も
魅惑のハイトーンボイス 桂銀淑をカバーした川上大輔とは?
由紀さおり「21世紀の歌謡曲をつくろう」と口説かれ全米1位

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP