ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

引き上げ延期の消費税 いっそ5%に下げたらどうか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 通常国会会期末の会見で、消費増税の再延期を表明した安倍晋三・首相はこういって胸を張った。

「世界経済のリスクが高まるなかで、内需を腰折れさせかねない消費税の増税は延期する。そう判断いたしました」

 消費税率10%への引き上げを2019年10月まで延期することを表明したその表情は、危機感というより、自信に満ちあふれていた。

 国民も大歓迎した。新聞各紙の世論調査では、増税延期への賛成が共同通信の71%をはじめ、毎日66%、読売65%、朝日59%に達し、株価は上昇、内閣支持率も一気にアップした。誰だって増税はないほうがいい。だが、ちょっと待ってほしい。

 消費税を巡る論議では、選択肢は「予定通り10%に上げる」か「増税を延期して8%に据え置く」かの2つしかなかった。重要な選択肢が一つ抜けている。

「この際、税率5%に戻すのが正論です」

 そうはっきり指摘するのは長谷川幸洋・東京新聞論説副主幹だ。

「日本経済はせっかくアベノミクスで上向いていたのに、2014年4月に消費税を8%に引き上げて失速してしまった。いま税率を8%から5%に戻せば、個人も企業も財布の紐を緩め、商店街だって大喜び。瞬く間に日本経済は復活します」

 数字はそれを裏付ける。アベノミクスがスタートした2013年度は株価が急騰して高額商品を中心に消費が急拡大し、日本の経済成長率(実質)は2%に達した。ところが、翌2014年度に消費税率を8%に引き上げた途端、国民は財布の紐を固く締めて消費は低迷、成長率はマイナスに転落した。2015年度の成長率(速報値)は0.8%と辛うじてプラスに転じたが、個人消費も実質賃金もマイナスのままだ。

 消費税8%への増税が景気回復をぶち壊したのは明らかだろう。ならば、長谷川氏が指摘するように5%に戻せばいい。

※週刊ポスト2016年6月17日号

【関連記事】
菅総理言及の消費税増税 「経済の常識知らぬ妄言」と専門家
赤字国債発行停止には消費税率16%引き上げが必要と専門家
森永卓郎氏が選ぶ「消費税を問い直す」ために読みたい本3冊

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP