体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カップルにおすすめ【秋田】人気デートスポット19選!定番から穴場まで

カップルにおすすめ【秋田】人気デートスポット19選!定番から穴場まで 170823_秋田

水深日本一の田沢湖や、大地の恵み溢れる乳頭温泉郷など、全国有数の自然スポットを誇る秋田。

他にも「なまはげ」が伝わる地ならでは施設もあり、様々な魅力をもつ県です。

じゃらん編集部ではカップルにおすすめのデート情報として、秋田のデートスポットを徹底調査。定番から穴場まで全19スポットを紹介します。

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

記事配信:じゃらんニュース

角館武家屋敷

170823_角館武家屋敷出典:じゃらん 観光ガイド 角館武家屋敷

古い建物と現代とが違和感なく溶けあう武家屋敷。町を一望できる古城山に立つと,防火帯としてもうけられた火除けと呼ばれる広場を境に、内町(武士の町)、外町(商人の町)が画然と区別されている。古城山、桧木内川の清流、古木による緑、街路の配置などは“みちのくの小京都”の名に恥じない。

\口コミ ピックアップ/

黒い武家屋敷としだれ桜。これが満開なら素晴らしかったと思いました。今年は早くてチリかけ。場所により満開もありいい雰囲気でした。

(行った時期:2016年5月2日) 角館武家屋敷

住所/秋田県仙北市角館町

「角館武家屋敷」の詳細はこちら

乳頭温泉郷

乳頭温泉郷出典:じゃらん 観光ガイド 乳頭温泉郷

田沢湖高原から先達川をさかのぼった渓谷沿いにあり,深い山ふところに抱かれた素朴な一軒宿の温泉が点在している。下流から妙乃湯,大釜,蟹場,さらに孫六,黒湯と続き,支流沿いに鶴の湯がある。また,休暇村乳頭温泉郷もある。

\口コミ ピックアップ/

何か山奥の秘湯ですね。お湯がいくつかありました。入りやすいお湯でした。お湯につくまでの両側の宿泊施設は、今の時代ない本当に味わいのある古民家の1部屋という感じ、いつか泊まりたいと思いました。

(行った時期:2016年10月) 乳頭温泉郷

住所/秋田県仙北市田沢湖

「乳頭温泉郷」の詳細はこちら

後生掛温泉

後生掛温泉出典:じゃらん 観光ガイド 後生掛温泉

八幡平アスピーテラインを山頂に向かって進み,右手に大沼が見えるとすぐ上に温泉の蒸気がたちのぼっているのが見える。旅館部と自炊部の各宿舎があり,自炊部には地熱で体をあたためるオンドルが備わっているのが最大の特色。オンドルの床にムシロを敷いて横たわると,温かい大地の鼓動が体の芯までほぐしてくれる。また,木箱に首だけ出して入る蒸し風呂も楽しみの一つ。いわば天然のサウナ風呂といったところ。神経痛,リューマチ,婦人病,けがの後遺症,とくに冷えからくる諸病には効果的である。ここには泥火山,噴湯などの火山現象が間近に見られる約2kmの自然研究路がある。

\口コミ ピックアップ/

温泉「泥湯、濁り湯、箱蒸し風呂、露天風呂、打たせ湯、」いくつもの湯船が1日では入り切れない程の楽しさがありました た。1度目は秋の紅葉真っ盛りの時に山全体が色つき後生掛温泉の裏の散策路もすてきでした。二度目は雪景色のお正月これも又最高のロケーションのなかに訪れられたことに感謝でした。

(行った時期:2017年1月2日) 後生掛温泉

住所/秋田県鹿角市八幡平

「後生掛温泉」の詳細はこちら

なまはげ館

なまはげ館出典:じゃらん 観光ガイド なまはげ館

ナマハゲの伝説がなぜこの男鹿の地に残るのか、多くの思いを募らせる貴重な資料の数々が展示されています。男鹿産出の寒風石による石積み造りの外壁と、秋田杉をふんだんに利用した内装が雰囲気を感じさせます。男鹿市内約88地区で行われるナマハゲの面はそれぞれ微妙に風体を変えます。各地区の面・衣装を一同に展示されており、見ごたえ十分です。

\口コミ ピックアップ/

色々な顔のなまはげが展示されていて、楽しく見学出来ました。(村ごとに顔の面が違う) 又 放映が有ったり、なまはげの衣装を試着するコーナーもあります。

(行った時期:2017年7月24日) なまはげ館

住所/秋田県男鹿市北浦真山

「なまはげ館」の詳細はこちら

稲庭うどん専門店佐藤養助総本店

稲庭うどん専門店佐藤養助総本店出典:じゃらん 観光ガイド 稲庭うどん専門店佐藤養助総本店

昔ながらの製法にこだわった稲庭うどんを食すことができる。また体験コース(要予約)もあり、一つ一つの工程を手作業で体験できる。店内には他に特産品の販売も行っている。

\口コミ ピックアップ/

本場の稲庭うどんが味わえるおすすめのスポットです。食事処のほか、製造工程の見学コーナーや秋田の特産品販売もあり施設は充実しています。

1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。