ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

手紙に物語を添えて。「切手のこびと」がかわいすぎ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

招待状もメールで済んでしまう時代ですが、あえて手紙を出したくなるーー。そんなきっかけになるのが「切手のこびと」。ぺたっと押すだけで手紙をより印象的にしてくれるスタンプです。

動物シリーズ


お仕事編



お祝い系


どうですか?送る側も受け取る側もにっこりしてしまいそうなほのぼの感。それぞれに付けられたタイトルもセンスが良く「くすっ」なポイントを押さえていますよね。

アドバイザーは
郵便局長

シリーズは29種類。懸賞に「えびす様鯛を釣る」、笑わせたい友達へ「やってらんねー」、結婚式の招待状には「こびとの嫁入り」など、さまざまな用途でより想いを伝えたい時に一押しすれば、印象的な手紙に早変わり。ハガキや小包にも使えちゃいます。

切手の上にスタンプって、郵便局的にOKなの?と思われた人、ご安心ください。アドバイザーは日本橋大伝馬町郵便局の星和男局長。

「初めて『切手のこびと』を見た時、手紙を出す楽しさと受け取る側の笑顔が目に浮かびました。1枚1枚は小さな切手ですが、スタンプ絵と組み合わせる事でショートストーリーが始まる予感もします」

と、非常に好意的。

現在台湾、マレーシアでも取り扱いが決まったそう。価格は送料込みで1,054円。興味のある人はこちらから。

Licensed material used with permission by 切手のこびと

関連記事リンク(外部サイト)

タイムラプスな手紙「LetterLapse」で、思いを伝えてみるのもイイかも

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP