ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

香川照之と不協和音? 市川右近の「独立宣言」真相

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 歌舞伎界に激震が走った──。5月26日、歌舞伎役者・市川右近(52)が来年1月に「三代目市川右團次(うだんじ)」を80年ぶりに復活させ、襲名することを発表した。だが、それ以上に梨園関係者を驚かせたのが、屋号を今までの「澤瀉屋(おもだかや)」から「高嶋屋」に変更することだった。

 会見で「高嶋屋になって(澤瀉屋を)離れていくということでは一切ございません」と神妙な面持ちで語った右近だったが、梨園関係者は「これは事実上の独立である」と口をえる。

「決して表立って口に出すことはありませんでしたが、右近は香川照之(50)が歌舞伎界入りしてから澤瀉屋に不満を抱いていて、ずっと不協和音が流れていました。それがついに表面化した」(澤瀉屋関係者)

 140年続く歴史ある一門に一体何が起こっているのだろうか。

 市川團十郎率いる「成田屋」こと市川宗家の弟子筋にあたる澤瀉屋は、長年、歌舞伎界では冷遇されてきた。しかし、先代・市川猿之助(76、現・猿翁)が『ヤマトタケル』などのスーパー歌舞伎を創設し、“歌舞伎界の異端児”として名を馳せるようになる。

 上方の日本舞踊の家に生まれた右近は9歳のときに先代・猿之助のケレン味ある舞台に魅了され、11歳にして澤瀉屋の門を叩いた。部屋子第一号となった右近は、以来約40年にわたって一門を支えてきた。

「先代は自分の力でのし上がった人物ですから、弟子に対しても『血縁なんて二の次で実力がすべて』という考えでした。そのため、梨園に血縁のない国立劇場歌舞伎俳優養成所の卒業生を数多く引き取っては、技術を叩き込み、自らの舞台に抜擢していった。そんな彼らのリーダー的な存在となったのが右近でした」(同前)

 2003年、先代が脳梗塞で倒れ、澤瀉屋は窮地に追い込まれる。その際、“長男”として一門を盛り立てたのも右近だった。

「『猿之助(先代)が出ない』となるとチケットも捌けなくなった。そんな逆風の中、右近は先代の役を代わりに演じ続け、一門をまとめた」(同前)

 その姿に先代の亡き妻・藤間紫は生前、「右近を芸養子にして猿之助を継がせたい」と進言したこともあったという。右近はあるインタビューでこんなことを語っている。

〈市川猿之助が創ったものが、50年、100年と続いていったときに、師匠が創造された「スーパー歌舞伎」や古典作品というものの価値が見いだされるし、創始者としての猿之助の名前が歴史に刻まれる。だから、僕らがやらなければいけないことは、師匠の名をいかに「歌舞伎年表」に残すかということでもある〉

 こうして右近は周囲から「猿之助の後継者」と呼ばれるようになった。

◆歌舞伎の素人が大名跡を

 だが、2011年、香川が歌舞伎界入りしたことで、状況は一変する。香川と先代は、血の繋がった親子でありながら、その関係は複雑である。先代と女優・浜木綿子(80)との間に誕生した香川。だが、先代は1歳だった香川を残して家を飛び出る。両親は離婚し、以後、45年間、父子断絶の状態が続いた。

 だが、2004年に長男・政明くんが誕生すると、香川の歌舞伎への思いは一気に熱を帯びる。「この子を“猿之助”にするのが、オレの使命だ」と歌舞伎界入りに尽力する。

 2011年9月、ついにその思いは結実する。香川と政明くんは、それぞれ「九代目市川中車」と「五代目市川團子」を襲名して歌舞伎界入りを高らかに宣言したのだった。それは父子関係の雪解けの証でもあった。

 ちなみに同時に先代が「二代目市川猿翁」を襲名し、先代の甥で、香川の従弟である市川亀治郎(40)が「四代目市川猿之助」を継ぐことも発表されている。ある梨園関係者がこう解説する。

「先代は、一度は澤瀉屋を出ていった四代目に『猿之助』の名を継がせた。また『中車』も澤瀉屋では『猿之助』に次ぐ格の高い名跡です。これで一門の大名跡はすべて“親族”で固められたわけです」

 これは「実力主義」を標榜してきた澤瀉屋の伝統的な方針が大転換されたことを示していた。

「これには歌舞伎界では『結局、先代も血縁なのか』という心ない声が上がりました。すでに香川は人気俳優でしたが、歌舞伎は未経験。そんな素人に大名跡を継がせたわけですから、もともと先代の後継者といわれていた右近が複雑な思いを抱いたことは間違いありません」(前出・澤瀉屋関係者)

 当初は香川も右近や他の澤瀉屋の人気役者を誘って食事会を開催するなど、その溝を埋めようとしていたという。だが、2011年末、香川が先代とともに事務所を設立し、代表取締役に就任すると、両者の関係は微妙なものになっていったという。

「四代目を除く、一門のほとんどの役者が、その事務所の所属となりました。香川は演目の決定から外部との交渉まで大きな影響力を持つこととなり、澤瀉屋の実権を握るようになりました。弟子たちも先代の名前を出されては何も言えない。香川は『財務管理』をすると言って、昔からのスタッフを解雇するなどしたため、その方針に疑問を抱く者も出てきた。そして徐々に右近をはじめとする弟子たちは難色を示すようになっていった」(同前)

※週刊ポスト2016年6月17日号

【関連記事】
香川照之の歌舞伎界入りで市川海老蔵の立場が危ういと評論家
歌舞伎界入り宣言の香川照之に「亀治郎より目立つな」の批判
香川照之の息子・市川團子が猿之助の名前を継ぐ可能性も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。