ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『サザエさん』の真実 イクラちゃんの名は実はチドリだった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1946年4月22日、福岡の地方紙『夕刊フクニチ』で連載が始まった長谷川町子さん(享年72)の『サザエさん』。今年は生誕70年ということで、長谷川さんの発掘イラストなどを集めた『長谷川町子の漫畫大會~町子・戦中の仕事~』(小学館)の出版がされるだけでなく、記念イベントが続々と開かれている。

『サザエさん』の原作には、さまざまな裏エピソードがある。

 例えばノリスケとタイ子の子供の名前が「イクラ」というのはアニメならではの設定だ。

 実際、1964年2月24日の朝日新聞を見ると、家族紹介の画で、タイコが抱きかかえる子供は「チドリ」の名がふられている。

「連載をしていた朝日新聞の特別企画で“家族構成を教えてほしい”という読者からの質問があり、『チドリ』という名前で紹介されています。原作では、ノリスケさんの子供の名前や性別はハッキリと描かれていません」(長谷川町子美術館学芸員・相澤弘子さん)

 ほかの登場人物の中にはアニメでは「タマ」である猫が「ミー公」と書かれてあるなど、微妙な違いも存在する。

※女性セブン2016年6月9・16日号

【関連記事】
タマ以外の磯野家のペット 犬のエルザ、リス、カメなど
サザエさんは元出版社勤務でタラちゃんは女の子説あり
波平の双子の兄・海平 フネが間違えるほどそっくり

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP