ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オバマ広島訪問に韓国が和解するなとイチャモンつける事情

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨年末の慰安婦問題に関する日韓合意を受け、朴槿恵大統領の告げ口外交が沈静化するなど、一時は日本批判が落ち着いたかに見えた韓国。それがここに来て再び日本の足元を掬おうとする動きが見え始めた。その背景にあるのが「日本への嫉妬心」だと産経新聞ソウル駐在客員論説委員の黒田勝弘氏は指摘する。

 * * *
 日韓関係では近年、日本のやることなすことに韓国がいつもイチャモンをつけ、日本の足を引っ張っている印象がある。その象徴は朴槿恵政権のいわゆる“告げ口外交”だが、とくに国際社会で日本の足を引っ張るような場面が目立つ。

 それが日本人の反韓・嫌韓感情をいたく刺激しているのだが、韓国(とくに韓国マスコミ)はその事実には意図的(?)に知らん顔だ。相変わらず気楽な日本叩きの“民族的快感” を楽しんでいる。

 本稿が出るころには伊勢志摩サミットの際のオバマ大統領の広島訪問は終わっているだろうが、この稿を書いている時も韓国マスコミは「オバマの広島訪問反対」で異様に熱を上げ、米国の日本配慮と日米緊密化に激しく嫉妬している。

 韓国はちょうど1 年前、安倍晋三首相の戦後70年を機にした米議会演説に対し官民挙げて反対工作を展開した。米国の安倍評価に不満たらたらで、日米蜜月に大いに嫉妬していたことが思い出される。

 オバマ広島訪問への韓国の反対理由は「戦犯国・日本への歴史的免罪符になるから」(韓国各紙)という。さすがに政府は公式には反対を表明しなかったが、マスコミは反対扇動にしゃかりきだった。

 韓国マスコミの議論というのは、ヒロシマが現在・未来の核問題の象徴であるという歴史的観点はそっちのけなのが特徴だ。オバマの広島訪問は「日本を戦争被害国に仕立て上げ」、日本に過去の居直りを許す結果になるというのだ。つまりすでに終わった過去にこだわってばかりの、実に後ろ向きの議論だった。

 日本との戦争当事国であり、かつ原爆を投下した米国が広島訪問を決断し未来を志向しているのに、戦争も原爆も直接関係のない韓国がしきりに「和解してはいけない!」とイチャモンをつけているのだ。

 韓国(朝鮮半島)および東アジアの直近の課題は北朝鮮の核武装問題だろう。北朝鮮は36年ぶりの党大会で核保有をあらためて宣言し、国際社会を恫喝し続けている。なのに、韓国では「ヒロシマと北朝鮮の核」という現実的議論はまったく聞かれない。ひたすら昔話なのだ。

 日米同盟、米韓同盟下で日米緊密化は韓国にとってもプラスというのは常識のレベルだろう。「核武装した北朝鮮」を前に日米緊密化への嫉妬などというのは子供の駄々に等しい。“日本離れ” できない韓国の視野狭窄と知的怠慢は相変わらずである。

【PROFILE】1941年生まれ。京都大学卒業。共同通信ソウル支局長、産経新聞ソウル支局長を経て産経新聞ソウル駐在客員論説委員。著書に『決定版どうしても“日本離れ”できない韓国』(文春新書)、『韓国はどこへ?』(海竜社刊)など多数。

※SAPIO2016年7月号

【関連記事】
オバマ広島訪問に韓国紙「日本は加害者のままでいろ」と騒ぐ
オバマ大統領の広島訪問検討に韓国メディアが猛反発
反日パフォーマンスやった李明博氏に国賓訪問あり得ぬと指摘

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。