ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ダイドー缶コーヒー デミタスでプレミアム路線持ちこむ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 缶コーヒーに本格的な味わいを追い求めてダイドーがたどりついたのが、「香料無添加」。香料を使用せず、香りが華やかな浅煎り豆を中心とした独自のブレンドにより本格的なコーヒーの味わいを表現し、発売から40年以上も自然なおいしさを提供する姿勢を貫いている。

「ダイドー ブレンドコーヒー」の缶デザインも、1975年から今も基本的には変わっていない。リニューアルはあれどドンゴロス(麻袋)が印象的なパッケージのままだ。

 ダイドーといえば、「ダイドー ブレンドコーヒー」だが、1978年発売の「ミルク・マイルド」のMを冠した「Mコーヒー」のファンも多い。また、1992年から発売されている少量缶「デミタスコーヒー」は、プレミアム路線という新機軸を業界に持ち込んだ。

※週刊ポスト2016年6月10日号

【関連記事】
初の冷温式自販機開発したのは1973年のポッカ
世界初のミルク入り缶コーヒーは駅のホームで着想された
高橋英樹と高橋真麻親子 美食を食べて大満足&爆笑シーン

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP