ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お値段なんと150万円以上!軍レベルのセキュリティを搭載したスマホ「Solarin」が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

低価格帯のスマホ新商品が続々と登場する昨今。しかし、このほど発売された「Solarin」はなんと最低価格が1万3800ドル(約150万円)もするという超ハイエンドなスマホ。

軍レベルの暗号技術を採用し、最高のセキュリティ機能を搭載しているのがセールスポイントだ。

・プライバシー重視の人に

外観もレザーやカーボンファイバーなどを使用していて高級感を漂わせているが、高価格の由来はもちろん中身にある。

最大の売りはハード、ソフト両方で高性能セキュリティを実現している点。ハードでは、本体にセキュリティスイッチを搭載していて、こちらをオンにすると通話やメッセージの内容を完全に暗号化するモードになる。

・軍が使う暗号化技術

また、通信面でも軍用に使われている暗号化技術を用い、サイバーアタックから守るソフトも活用するなど「情報機関以外では使われていない最先端のテクノロジーが詰まっている」とのこと。

加えて、不審なアクセスがないかをモニターするサービスも提供するなど、「プライバシーを確実に守れる」とうたう。

・ロンドンに第一号店

セキュリティ面以外のスペックとしては、ディスプレーは5.5インチの2k。Snapdragon 810プロセッサで作動する。ストレージは120GBで、23.8メガピクセルのソニー製カメラを搭載している。

Solarinはイスラエル拠点のスタートアップ「Sirin Labs」が開発。オンラインで購入できるほか、このほどロンドンに第一号店を開設した。

今後はイギリス以外へも販売を拡大する見込みだが、これほどセキュリティが強固なスマホを必要とする人が、果たして世界にどれだけいるのか見ものだ。

Sirin Labs

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP