ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画を見たあとに感じる「あの余韻」。東京の街明かりを見下ろした4分間のタイムラプス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『Tokyo from above(上から見た東京)』は、日本を拠点に活動しているタイムラプスクリエーター、Justin Tierneyによる作品。

スカイツリーから始まり、国内の都市をいくつかまたいで撮影していますが、なかにはホテルの一室から撮影したものも。え、そんなに珍しくないって?まあ、そう言わずに再生してみてください。もともと映画音楽の制作に携わっていた人物ならではの世界観が、たまらなく心に沁みてきます。ボストン・グローブ紙は彼の音楽をこう表現しました。

暗く、洗練された、不気味にも艶やかな、説得力と即効性のある音楽世界ーー。

東京の街明かりを見下ろした映像との相性は抜群です。ぜひ!

深夜にひとりで残業中?
そんな人にこそーー。






これは、この撮影プロジェクトのパート1。webサイト「at the CONFLUX」を見ると、6月6日に次の作品がアップされると告知されています。合計で5つの作品が展示される予定なので、ぜひチェックしてみて!

Licensed material used with permission by Justin Tierney

Video : AerialArterial
Website : JustinTierney.com
Project : at the CONFLUX
Instagram : @jtimelapse
Facebook : JustinMarkTierney

関連記事リンク(外部サイト)

【ようこそ、ネオン街へ】外国人が撮影したサイバーパンクな東京・路地裏11選
いま、世界で評判の「タイムラプス」。舞台はTOKYO!
これが日本のパルクール!見慣れた東京の街を駆け回る動画がすごい

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP