ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ピリリと辛い、そこがいい。山椒を使いこなして料理上手になろう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「山椒(さんしょう)は小粒でもぴりりと辛い」ということわざ、聞いたことはありますか? 「体が小さくとも才能や力量が優れていること、侮れないこと」というたとえで昔から使われてきた言葉ですが、このことわざ自体が山椒の魅力を的確に言い表しています。

実は小さくともしっかりした辛さと爽やかな風味を持つ山椒は、和食の隠し味として昔から愛されてきたスパイス。成熟した果皮から作る粉山椒はピリッとした辛味やしびれ感が強く、実山椒は爽やかな香りと適度な辛味を楽しむことができます。食欲を刺激する辛味と風味は、夏バテしやすい季節にもぴったり。そんな山椒のおいしさを味わえる料理をご紹介しましょう。

●かば焼きを米と一緒に炊き込むから旨味濃厚!

うなぎ飯のレシピ | 料理サプリ

山椒の相棒といえば、やはりうなぎのかば焼き。ピリリと辛いアクセントなしには完成しない贅沢ごはんです。

●甘辛く煮た牛コマに山椒&しょうがをたっぷりと

牛肉のしぐれ煮のレシピ | 料理サプリ

山椒のほのかな風味が際立つ一品。白いご飯のお供に、お酒の肴にと、アレンジ自在の頼れるお惣菜です。

●粒山椒が隠し味。暑い夏にハフハフ食べたい!

かぶとタラの煮込みスープのレシピ | 料理サプリ

鶏がらスープと実山椒をふつふつと煮込んだ滋味たっぷりのスープ。夏バテしそうな胃腸に効きます!

●仕上げの彩りに山椒の葉を添えて

きのこムースの冷やっこのレシピ | 料理サプリ

緑が鮮やかな木の芽(山椒の若芽を摘みとったもの)は、添えるだけで盛りつけのアクセントになります。

粉状をふりかけて、実を潰して、葉を添えてと、さまざまな使い方が楽しめる山椒。上手に使いこなせるようになれば、料理の腕もワンランクアップすること間違いなしです!

関連記事リンク(外部サイト)

スパムとランチョンミート、どう違うの?
一生に一度くらいは「青梅」を漬けてみたい!
青じそ&みょうがレシピでじめじめ気分を爽やかに!

カテゴリー : グルメ タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP