ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

三浦友和「家族崩壊しなかったのは僕がイクメンだったから」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 俳優・三浦友和(64)が出演する映画『64─ロクヨン─後編』と、主演映画『葛城事件』が6月に立て続けに公開される。三浦は常に、一役者に徹しきる。大御所としてふんぞり返ることもできるだろうが、それをしない。

「最近は現場で最年長になることも多く、気を遣われることも増えました。撮影現場で立っていると、スタッフが走って椅子を持ってくる(笑い)。そんな必要ないのですが。それに僕は大御所じゃないですよ。少なくとも後輩たちはそう思っていない(笑い)。

 僕らがデビューした頃は、大先輩と酒を飲むなんて畏れ多くてできなかったけれど、今は、普通に後輩たちから酒に誘われるし、こっちからも誘いますからね。カラオケ屋にだって行きます。歌? もちろん、歌いますよ。歌わずにじっと座っていたら、いい雰囲気が壊れちゃうじゃないですか」

 いたって普通ですねと話を向けると、三浦は大きく頷いた。『葛城事件』で三浦が演じる男は家族を抑圧し、行動を強制する。口答えすれば殴る。家族は崩壊の一途を辿り、妻は精神を病み、長男は行き場をなくし追い詰められる。引きこもりだった次男は無差別殺傷事件を起こし、死刑囚に──。

「同じ人間ですから(笑い)。『葛城事件』の主人公だってそうですよ。この映画で起こることは他人事じゃありません。ひとつ歯車が狂っただけで、家族が崩壊してしまう危険を、誰もが抱えています。

 三浦家がそうならなかった理由? 自分たちの子育てが正しかったとはいわないけれど、ひとつだけ考えられるとしたら、僕がイクメンだったからですよ(笑い)。子供が生まれた時、妻はマスコミに追い回されて外出できない。こっちは仕事がない(苦笑い)。だから夫婦二人でたっぷり子供たちと過ごせた。いってしまえば、偶然の産物。自慢できることじゃありません」

 他人事じゃない──。しかし主人公のようなどうしようもない男に、自分を重ね合わせるのは並大抵ではない。

「逆ですよ。問題を抱えている男だからこそ共感できる。人間は皆、弱さを持っているんですから。一方、二枚目やヒーローは悩みがない。完全無欠です。ヒーローを演じるほうが大変です」

 しかし、自分の中の「弱さ」を認めるのは、簡単なことではない。

「弱さを認めないと、俳優をやっていられない。そう思うんです。普段の生活では、自分の中の醜さや弱さに対してうまく蓋をしたり、折り合いをつけたりしているだけ。僕も間違いなくそうした部分を持っている。演じるということは、そういう自分の嫌な部分をきちんと認めることから始まります。自分の中から、嫌な部分を引っ張り出して、それを広げないといけません」

 例えば新聞の社会面。毎日のように、犯罪記事が載る。三浦はこうした事件も他人事と考えない。

「世間から責められるような犯罪者であっても、きっと何かあるんだろうなと考えます。なぜここまで追い込まれたのか、自分がその状況に追い込まれたらどうなるか。僕らの仕事は、“想像”から始まると思っています」

 三浦にとって「俳優とは自分をさらけ出す商売」だ。

「そりゃあ、普段はカッコつけていたいですよ。本来、見栄っ張りですしね。例えば車なんて興味もないし、走ればいいと思っているけれど、見栄があるからベンツに乗ってしまう。これも弱さのひとつなんでしょうね(笑い)」

 自分の弱さを知る──。三浦友和という役者の強みは、ここにあった。

■撮影/矢西誠二 ■取材・文/角山祥道

※週刊ポスト2016年6月10日号

【関連記事】
本田翼&三浦翔平 人気店でのラブラブ焼肉デート目撃される
水原希子『進撃の巨人』初日舞台挨拶に胸元ザックリ衣装で登場
渋谷の寿司店で食べられる高さ10cmのまぐろ軍艦巻き580円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP