ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

依田司・気象予報士 天気予報にこっそりももクロ用語を使用

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ニュース、情報番組には欠かせない天気予報。それを担当しているのが、お天気キャスターだ。普段何気なく見ている人たちだが、一体どういう経歴なの?と思っている人も多いだろう。そこで、今回は『グッド!モーニング』の気象予報士・依田司キャスター(49才)に、気になる質問をぶつけてみた。

「小学生の頃、夏休みに毎年家族で海に行っていたんですけど、天気予報が当たるのにびっくりしました。なんで未来がわかるんだろうって」と幼心に気象キャスターにあこがれ、小学校の卒業文集に“お天気おじさん”になりたいと夢を書いていた。

 自身が伝える側になっても、「やはり予想が当たることにやりがいを感じます」と“初心”を忘れていない。そんな彼は、“モノノフ”(ももいろクローバーZのファンの通称)。ファンにも楽しんでもらえるよう、予報中のワードにアルバムの名前などをこっそり入れているそう。わかるかな?

Q:いちばんの失敗は?

A:中継でエクレアを紹介する時、かじりついた瞬間、クリームがボワッと出ちゃって。放送事故、一歩手前でした(笑い)。

Q:いちばんうれしかったこと、成功は?

A:月に1度ほど、地方中継があるんですが道後温泉では200人ほどが集まり、放送終了後に大きな拍手がわきあがったことです。
 
【依田司(よだ・つかさ)】
1966年6月16日、東京都生まれ。東海大学卒業後、NECに入社した後、ウェザーニューズに入社。1994年の第1回気象予報士試験から受験し、3回目で合格。2011年4月に『やじうまテレビ!』の気象キャスターになり、2013年からその後継番組『グッド!モーニング』を担当。

撮影■浅野剛

※女性セブン2016年6月9・16日号

【関連記事】
マツコ絶賛の気象予報士 ハロウィン被り物出演が成功体験
美人気象予報士も困惑 今年の梅雨の特徴は「予測不能です」
おはよう日本お天気キャスター 一番の失敗はメイク忘れ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP