体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【食人・洗脳・侵略・呪殺】ポニーキャニオン絶叫ホラーカーニバル イカれたラインナップを紹介するぜ![ホラー通信]

horror

ポニーキャニオンなんつう超有名な会社から、トンデモねえDVDが続々リリースされてるって噂だ。ポニキャンはその祭りをこう呼んでるらしいぜ……「ポニーキャニオン絶叫ホラーカーニバル」! ホラーって好きだろ? ゾクゾクくるよな!

今夜はそんな「ポニーキャニオン絶叫ホラーカーニバル」のイカれたラインナップを紹介するぜ!

各予告編が表示されない方はこちら

食人

s-TGI-_First_Look※

まずは【食人】担当、『グリーン・インフェルノ』!
主人公は意識の高い学生どもだ。意識高いことは悪いことじゃねえぜ。でもこいつらは浅はかだった! ろくすっぽ考えずに少数民族の森を守ろうと強引すぎる環境保護活動! SNSで活動を猛アピールしてスター気取りだ。そこで起こったエンジントラブル。帰りの飛行機が森にズドン! 「あらコンニチハ、守るべき少数民族のみなさん。エ~ッ 皆さん食人族だったんですかァ~!」ってことで、ひとりひとりモリモリ喰われちまうってワケ! 申し訳ねえけど痛快だよな! こんなイジワルなストーリーと、グッチョグチョのゴア描写にしてロングラン大ヒット! 実際に現地にお住まいの少数民族のみなさんが食人族役で出演、“映画”という概念すら知らない彼らの初演技、超絶光ってたぜ!!

『グリーン・インフェルノ』 発売中&レンタル中


侵略

snatchers

続いて【侵略】担当、『スナッチャーズ・フィーバー ―喰われた町―』
とある街に、仲良く映画撮影にやってきた4人の学生たちが主人公だ。こいつらは別段、意識高くはねえぜ! それでもとんでもねえ目に遭っちまうってんだからホラー映画は理不尽だよな! 彼らは気付いたんだ、どうも街の様子がおかしい。それもそのはず、一見ふつうに見える街の住民たちは“何か”にとって代わられてたっちゅうわけだ! 「背中を向けて直立してる人」「笑顔が不自然な人」「仮面をつけている人」「最近記憶をなくしがちな人」「物凄い速度で走ってくる人」には要注意だぜ! しかし「物凄い速度で走ってくる人」なんかどうしようもねえよな! いったいなにがこの街を支配してんのか? それは本編を観てのお楽しみだぜ! これを読んでる君の住む街が大丈夫かの保証は……誰にもできないんだぜッ!

『スナッチャーズ・フィーバー ―喰われた町―』 6/2発売&レンタル開始

洗脳

サクラメント死の楽園:メイン

お次は【洗脳】担当、『サクラメント 死の楽園』
VICEっつう突撃取材が得意な実在のメディアがあるんだが、そんな彼らがもしもカルト教団に潜入取材したら?っつう、実際に有り得そうな設定のホラー映画だ。アブネえニオイがプンプンするだろ? 実際にアブネえんだよこれがッ! この物語は、史上最大規模の集団自殺をやっちまったガイアナ人民寺院っつう実在したカルト教団をモチーフにしてるんだ。つまり、潜入取材の果てには………ヒヤーッ!! な、分かったろ? この映画は教祖のファーザー(お父様)と呼ばれるオッサンに要注目だぜ! 彼のあふれんばかりのカリスマ性、おだやかな語り口、時折狂気が潜む瞳……なんというか、逆らっちゃいけねえって気がしてくんのさ……。いやいや洗脳なんかされてないぜ! ファーザー我々をお守りください! ファーザー万歳!! ファーザー万歳!!!!

1 2次のページ
レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy