ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ヤギの角型コーヒーマグ」で、さりげなく個性を主張してみませんか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今や「コーヒー」のある日常は当たり前。起床後に、はたまた通勤や休憩の時に…などなど、多くのシーンで欠かせない存在となりました。

でも、そうやって多くの人の暮らしに溶け込んだモノだからこそ、“味わい方”や“持ち運び方”で周囲と差をつけたいという人もいるでしょう。それなら、こんなマグで個性を出してみるのもイイかも!

斬新なフォルムで
周囲の視線をいただき

先が尖ったこのマグは、ヤギの角をイメージした「GOAT MUG」。どう?これなら友人ともカブらないでしょ?

なんとなく野性味溢れるそのフォルム。ダンディな男性はもちろん、あえて女性が持っていてもクール。

アクセサリー感覚でバッグにつけても◎。

でもちょっと待って。
コレ、立てられなくない!?

いえいえ、心配無用です。ホルダーが着脱可能になっており、スタンドに早変わり!

だから、デスクワークもバッチリ。

この形状により、「最後の一滴まで飲み干せる」のも大きなポイント。100%漏れない構造になっており、環境と健康に配慮した材質を使っているのだそう。決して見た目のインパクトだけを追求しているわけではなく、色々計算されているニクいやつなのです。



ボディは黒と白、ホルダーは黒、茶、ワインレッド、ベージュの4色展開。サイズは350mlと470mlが用意されています。価格は29.5ドル(約3,200円)から。さりげなく個性を主張したい人はこちらをチェック!

Licensed material used with permission by GOAT STORY

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP