ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1日限定、グランメゾンの“究極カレー”が破格すぎ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE金曜16時30分からの番組「GOLD RUSH」(ナビゲーター:渡部建)のワンコーナー「Calolimit HUNGRY OUT」。6月3日のオンエアでは、「東京グランメゾン チャリティカレー」を紹介しました。

毎年、この時期に行われているチャリティーイベント「東京グランメゾン チャリティカレー」は、有楽町にある「アピシウス」と、京橋にある「シェ・イノ」、2つの日本を代表する老舗フレンチレストランが、東日本大震災支援のため2011年にスタートして以来、年2回、開催されてきました。売り上げは、被災地支援団体aoSORAnt(あおぞらん)や日本財団を通じて被災地に寄付されているのですが、今回は熊本地震の支援のために寄付されるとのこと。

毎回、行列ができる人気ぶりとなっていますが、今回は6月5日(日)に開催されます!

「アピシウス」の支配人・永井利幸さんと副料理長・森山順一さん、そして「シェ・イノ」の料理長・古賀純二さんが、カレーと共に出演してくれました。2店とも、普段お店ではカレーを出していないため、味わえるのはこの日のみ! 一体どんなオリジナルカレーが味わえるのでしょうか?

■アピシウス「短角牛のメンチカツカレー」
「牛すじをベースにカレーを作ってあります。メンチカツの中は、岩手の短角牛の肉と、仔牛の足が入っています」(永井さん)。

こちらをいただいた渡部は…

「うん! いやーうまい! ルー自体の牛すじがすごいですね! メンチの仔牛の足はちょっと違うお肉の楽しみがありますね。非常においしいです」(渡部)

■シェ・イノ「シェ・イノ風バターチキンカレー、パクチーサラダと」
「バターチキンカレーみたいな(笑)。2、3回食べたことがあるんですが、あのようなものをイメージして作りました(笑)」(古賀さん)というオリジナルカレー。

バターチキンカレーに福島の伊達鶏で作ったタンドリーチキンが入っており、上には、佐賀県産のパクチーが乗せられています。さっそく一口いただいた渡部の感想は…。

「うまっ…。あとから辛味がぐんぐん来る感じですね! おいしい! 尾を引く辛味がありますけど、バターのまろやかさもあって非常に食べやすいですね」(渡部)

ちなみにお値段はそれぞれ、なんと1,000円。「ちょっと安すぎやしませんか!?」と渡部もびっくり。「お店で出したら多分3倍くらいの材料費がかかってますね」と古賀さん。それぞれ600食限定だそうです。

開催時間は午前11時から15時までなのですが、いつもは朝7時から並ぶ人もいるそう。そのため、15時までには無くなってしまう可能性大とのことです! 「絶対に食べたい!」という方は早めに行くことをオススメいたします!

【関連サイト】
「GOLD RUSH」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

オリジナル・ラヴ田島、トータス松本にカレー習う(2016年06月03日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/06/post-1691.html

築地市場で絶対に食べたい2つの「極上丼」(2016年04月24日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/2-6.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP