ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドライバーは女性限定!女性による女性のためのUber型サービス「SafeHer」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

女性の乗客が女性ドライバーを指定できる日の丸交通の「なでしこタクシー」、イギリス発の女性専用タクシー「Pink Ladies」など、女性のためのタクシーサービスが、世界各地に広がっている。

・女性による、女性のためのUber

利用者がスマホアプリで目的地を入力すると、現在地周辺のドライバーが迎えにいき、目的地まで送り届ける“オンデマンド配車サービス”が普及するなか、「SafeHer(セーフ・ハー)」は、“女性による、女性のためのUber”として話題だ。

ドライバーは全員女性で、利用者も女性とその同伴者である13歳未満の子どもに限定。

UberやLyftといった既存のオンデマンド配車サービスよりも厳しい条件でドライバーを審査しているほか、乗車時、利用者が、ドライバーとの間で、暗号代わりとなる特定のワードを確認し合うルールを導入するなど、女性が安心して利用できるような仕組みが整っている。

また、「SafeHer」では、女性全体のエンパワーメントにも積極的に貢献。

女性の様々な支援に取り組む慈善団体や非営利団体に、利用者が支払う乗車料金の2%を寄付する取り組みをすすめている。

・すべての人々が安全かつ安心に利用できるサービスに

「SafeHer」のような女性専用サービスが創設される一方、代表的なオンデマンド配車サービスUberでも、2020年までに女性ドライバー100万人の登録を目標に、女性ドライバーの活用を推進。

2015年末時点で、Uberの登録ドライバーにおける女性の割合は19%で、2014年末時点の14%より増加している。

女性や子どもをはじめ、すべての人々が、安全かつ安心に、心地よく利用できるサービスが増えることで、オンデマンド配車サービスそのもののユーザーの認知度や信頼性の向上にもつながりそうだ。

SafeHer

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP